CDが売れると作曲家と作詞家には印税がいくら入るの?

 作曲や作詞をしてCDを出すと、著作権料の分配としてどのくらい印税が入るのでしょうか?  音楽家の皆さんは夢の印税生活を目指して日々奮闘していますが、実際CDが売れるとどのくらいの印税が入ってくるのか気になりますよね?

 今回は音楽出版社を通してCDを発売したとき、売上に対して作曲家や作詞家にどのくらいの印税が入ってくるのか?それは多いのか少ないのか?実際に計算方法を紹介していきます^-^ノ

 
 

JASRACへの著作権使用料はいくらくらい?誰が支払うの?

 作曲家や作詞家、音楽出版社に支払われる著作権使用料は誰が払うのか?というと、CDを製造するレコード会社がJASRACに対して支払っています。

 つまり音楽家がもらう印税はレコード会社から発生しているということになります。

印税の%や出庫率とは?

  • CD1枚に対してレコード会社が支払う著作権使用料は6%
  • 出庫率とは、返品されるであろう割合を予め控除して減額するシステム

例)1枚2,000円のCDを10,000枚出庫して、出庫率が80%の場合

2,000×0.06×10,000×0.8 = 960,000円(使用料)

 1枚2,000円のCDを10,000枚出庫すると、レコード会社は著作権使用料として960,000円をJASRACに支払わなければなりません。

JASRACから作曲家、作詞家、音楽出版社に印税を分配

 音楽出版社とは、作曲家や作詞家と契約を結んで曲や詞に対する「著作権の管理を行っている会社」です。

 実際には音楽出版社がJASRACと信託契約(または会員として契約)を結んで、JASRACから支払われた印税を作曲家や作詞家へ分配して残った取り分を売上としています。

 その代わり音楽出版社は著作権の管理から売り込み宣伝をやってくれるというメリットがあります。

作曲家や作詞家は音楽出版社との契約で取り分が決定する

 さて、先程計算した960,000円の印税からこの契約条件に応じてさらに減額されて残った額が印税として入ります。

 そして、CD中で自分が担当した曲が1曲であればその分の印税しかもらえないという点にも注意です。 

例)一般的な契約でCDの5曲中2曲を作詞家さんが担当した場合

「960,000円」× 0.94 ×「2/5(担当曲)」× 0.25 = 90,240円

 ということで、作詞家さんが2曲担当した1枚2,000円のCDを10,000枚出庫した場合、作詞家さんには90,240円の印税が入るという計算になります(0.94を掛けているのはJASRAC管理手数料6%が発生するため)。

 ちなみにCD1枚あたりの印税に換算すると約9円です。

CDが売れると印税がいくら入るの? のまとめ

 今回は1枚2,000円のCDで計算しましたが、価格が上がればより印税は上がりますし、価格を下げれば印税も減ってしまいます。

 さらに自分が担当した曲が何曲入っているかというのも大きなポイントで、コンペなどで採用されて喜んだのもつかの間、ほとんど印税が入らかったという話もよく聞きます^-^;

 つまり在庫を抱えさえしなければCDを製作&販売して売上が入るレコード会社の仕事に相当する部分をやるのが一番儲かるというわけですね💡

 ただし最近はCDを購入するよりもAmazon Music Unlimitedのような定額聴き放題サービスの方がより手軽で、CDを購入するときと言えば、余程好きなアーティストで1枚揃えて手元に置いておきたいという場合や限定サービス付きであったり、ライブでの物販でファンに買っていただくなど、機会が限定されてきました。

 強いファンに支えていただかないとCDは売れなくなりましたね^-^;

 そんな理由から、最近では自分でライブでの物販や宣伝など流通経路を作って、TuneCore Japanなどのサービスを利用して聴き放題サービスへ配信を行ったり、自らの作品をどんどん世に出して活動しているアーティストが増えてきています💡

フォローする