DTM用SSDのおすすめ機種ベスト4!DTMにSSDを導入するメリットとは?

 この記事ではDTM用の音源ライブラリを保管するSSDのおすすめ機種や、SSDを導入するメリットについても紹介していきます💡

 DTM用の音源といえば、数GBから大きなものだと100GBを超えるものまであって、ライブラリの保存先を決めておかないとパソコンの容量がどんどん少なくなってしまいます。

 そこで、DTMをやっている多くの方は音源専用のHDDやSSDを別途用意するのが理想的で、さらにせっかく導入するならより転送速度が速く作業効率が上がるSSDを導入したいところ💡

 SSDといえば以前は高価なものでしたが、最近は価格も下がっているのでまさに今がチャンスの買い時です💡

 今回はそんなSSDを導入するメリットやパソコン本体への接続方法、SSDのおすすめ機種について紹介していきます^-^ノ

 

SSDとは?導入するとDTMへどんなメリットがあるの?

Crucial SSD 500GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm (9.5mmアダプター付) CT500MX500SSD1/JP

 SSD(Solid State Drive)はその名の通り、固体のドライブ、つまりHDD(ハードディスク)のように回転体などを持たず、メモリーカードのようにデータを保存できる装置です。

回転体がないのでHDDのように衝撃・摩耗による故障がない

 昔から使われているHDDは中でディスクが高速で回転して、それを磁気ヘッドで読み取る仕組みです。回転しているため衝撃に弱く、また普通に使っていてもディスクとヘッドが接触しているので少しずつ摩耗していくため動作の保証は短く3年程しかありません。

 まれに10年くらい動き続けているパソコンもありますが、本来HDDのパソコンは3年経過したらいつ壊れてもおかしくないというのがHDDメーカーの主張で、安全に運営するなら3年に1度データを移し替えて運用しなければなりません。

 ところがSSDはその仕組みから衝撃に強く、構造が単純なためデータを頑丈に守れます

SSDの寿命は10年間HDDの3倍以上

 SSDには書き込み回数の限度がありますが、最近はどんどん改良も重ねられて一般的なユーザーであればどの機種でも10年間は使い続けることができます(実際に10年保障を付けているメーカーがあります)。

 さらに、SSDというのは書き込み回数の制限はありますが、読み取り回数の寿命はありません

 もしSSDを酷使して書き込み上限に達したとしてもデータの読み込みは通常通り行えるのでデータの回収は何の苦労もなくできるというメリットもあります💡

DTMでは音源ライブラリの読み込みが早くなってメモリ不足でも安定して作業ができる

 SSDの購入を検討する方であればメモリもきっとたくさん積んでいることと思いますが、それでもDAWソフトの起動時に大量のプラグインを読み込む時間や、音源を起動したときにメモリに読み込む時間は音源を保存するストレージの転送速度に大きく左右されます。

 さらに、メモリ容量にも限界があります。メモリに読み込めない情報量はストレージ上に仮想メモリを作ったり、それでも容量が足りなければ直接読み込むことになるのですが、こうなったらHDDでは動作がノロノロになってしまいます。

 そんなときに、ランダムアクセスが40倍も速いSSDなら読み込みによる音源の遅延も解消することができます。

SSDの接続方法は2種類最近のパソコンなら接続も簡単?

 そんなSSDを導入する方法は2つありますが、最近のパソコンであればUSB3.0で外付けSSDとして導入するのが手軽でおすすめです💡

 そうでない場合では直接マザーボードのeSATAソケットに接続して内蔵SSDとして導入することもできます。

USB3.0で外付けSSDとして接続する

サンワサプライ USB3.0ケーブル 1.5m 黒 KU30-15BK 最新のパソコンならほぼ搭載されているUSB3.0ソケットを利用して外付けSSDを導入すればケーブル1本で繋ぐだけ💡設置も楽々です

 USB3.0は端子の内側が水色になっていたり、MacではUSB3.0ミニ端子が付いていたり、旧モデルではThunderboltから変換機を使えば利用することができます。

 Delock Thunderbolt ⇔ USB 3.0 アダプター BLACK 62634

 ThunderboltからUSB3.0へはこのような変換器が発売されています💡

eSATA接続で内蔵SSDとして設置する

スターテック.com eSATAケーブル 1.8m オス/オス ESATA6

 自作パソコンだったり、自分でパソコンを開けられるよ💡という方は直接マザーボードのeSATAソケットへSSDをつなげて内蔵SSDにしてもOK💡

 eSATAソケットがなければSATAソケットでもあまり速度が変わらないというデータもあるので試してみましょう。

外付けSSDは高いので「SSD単体+外付けケース」を別々に購入して揃えれば約10,000円もお得

ELUTENG 2.5インチ HDD SSD ケース USB3.0高速 透明 外付けハードディスク ドライブケース UASP対応 SATA USB 変換ボックス Mac Windows PS4 PS3 XBox HDTV等対応 SSDをUSB3.0で接続する場合、外付けHDDのように「既にケースに入って売られたケース付きのSSD」を購入するのもの良いですが、外付けSSDとして作られた製品はとても高額

 そこで、おすすめな方法はケースは1,000円程度で購入してそこへ格安で購入したSSDをセットして使うというお手軽な方法です💡

 外付けSSDを自分で作るのはとても簡単で、ケースのソケットにSSDを差し込むだけで完成します💡

DTM用SSDを購入するなら500GBがコスパが良くておすすめ

 次に、DTM用途でSSDを購入するならどれくらいの容量のものを購入すればよいのか迷いますよね?

 SSDの場合HDDのように128GB、256GB、512GBのように容量が揃っているわけではないのですが、最もコスパよく大容量のものをGETしたければ512GB付近の製品を狙いましょう💡

 特にDTM用途ですと128GBではすぐにいっぱいになってしまいますし、256GBでも今後さらに音源を増やす可能性があると足りるか不安です。

1TB以上は価格が上がってくる!?

 SSDは1TB以上から急に容量あたりの価格が上がってきます。

 DTM用途であっても1TBの容量がすぐに必要になることはあまりないので、まずは500GB付近の製品を購入して、必要であればまた500GBのSSDを足していったほうが費用を抑えることができます。

 では、これらを踏まえた上でコスパが良くてDTMに最適なSSDを紹介していきます💡

SSDのおすすめ第1位:Crusial MX500(500GB)

Crucial SSD 500GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm (9.5mmアダプター付) CT500MX500SSD1/JP

価格  ¥13,579
容量  500GB
特徴  価格が安くランキングでもTOPの人気商品

 Amazonや楽天でも500GBのSSDで人気第1位のCrusial(クルーシャル)のSSDは転送速度が速く大容量でDTM用途で使いたい方にコスパが最高でおすすめ

 ただ安いだけでなく品質がとても安定しているため人気があります💡

SSDのおすすめ第2位:SAMSUNG 860 EVO(500GB)

サムスン Samsung SSD 860 EVOシリーズ 500GB(ベーシックキット) MZ-76E500B/IT

価格  ¥13,976
容量  500GB
特徴  同価格帯では転送速度が最も速い

 SAMSUNGはHDDの老舗WesternDigitalに吸収されたメーカーで、吸収後の調整で現在は保証期間が5年間になっていますが、吸収前は10年保障でSSDを発売していたメーカーです。

 そしてなんといっても転送速度は同価格帯の中でもダントツで速い製品でもあります💡

 容量あたりの価格も安く品質も良いためランキング上位の商品です

SSDのおすすめ第3位:WesternDigital BLUE 500GB

WD 内蔵SSD 2.5インチ/500GB/WD Blue 3D/SATA3.0/5年保証/WDS500G2B0A

価格  ¥13,545
容量  500GB
特徴  性能はそこそこ容量あたりの価格は最も安い

 HDDの老舗WesternDigitalのSSDです。WesternDigitalといえば、グリーンやブルー、レッド、ブラックなど色によってHDDの用途や性能を分けて製造しているメーカーですが、SSDでも同様に色によって性能が差別化されているようです。

 このSSD製品はブルーのランクで、一般的に市販のパソコンによく使用されるグレードのもので品質は中堅(悪くなく)、容量単価はかなり安いのでコスパの良いSSDです💡 

SSDのおすすめ第4位:SanDisk ウルトラ3D(500GB)

SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ/500GB/SSD Ultra 3D/SATA3.0/3年保証/SDSSDH3-500G-J25

価格  ¥14,646
容量  500GB
特徴  メモリー作りで長く実績があるメーカー

 SanDiskといえばデジタルカメラ用のSDカードでも実績のあるメーカーでメモリー分野では早くから実績を残してきたメーカーです。転送速度はWesternDigital BLUEと同程度。

DTMにおすすめのSSD!DTMにSSDを使うメリット のまとめ

    1. SSDはHDDのように回転体がないので衝撃に強く摩耗による故障がない
    2. SSDは寿命も10年ほどと長くHDDの3倍以上も長く使える
    3. SSDは寿命が来ても書き込みができないだけで読み込みはできるのでデータの回収&移行がとても簡単
    4. DTMではDAWソフトや音源の起動を早めたり、メモリに読み込みきれないデータを高速に処理して遅延を減らしてくれる
  1. SSDではHDDよりもランダムアクセスでは40倍近くも速い
  2. SSDはUSB3.0で接続したり、eSATAでマザーボードへ直接つなげることができる。
  3. 外付けSSDを導入するなら、ケース付きの製品を購入するよりも、SSD本体とケースを分けて購入して組み立てたほうが圧倒的に安く入手できる
  4. SSDの容量は、最も容量単価が安く少しでも容量が多い500GBの製品を選ぶのがおすすめ
  5. SSD製品を選ぶなら、価格が安く人気ランキングTOPの「Crusial MX500」や転送速度が速い「SAMSUNG 860 EVO」がおすすめ

 SSDを導入すると今までよりもずっと快適な環境に驚いて、何故もっと早く導入しなかったのだろうと考えてしまいます💡

 快適な環境は良いアイディアが浮かんだり、作業効率が上がれば短時間で1つの作業を終えることができたり、導入するメリットはたくさんありますので是非皆さんもDTM環境へSSDを取り入れてみてください^-^ノ

フォローする