Addictive Drums 2 を使うならこのキーマップを活用しよう!

 今回は有名な音源「Addictive Drums 2」について、多くの奏法が収録されていますが、実際どのキーに割り当てられているの?どんな音源が含まれているの?という方も多いでしょう。

 ソフトのヘルプ画面からキーマップを見ることもできますが縦書きでしかも英語で書いてあるしなかなか見づらいという声をいただきました。

 Addictive Drums 2はこんな感じのソフトです。

スクリーンショット 2016-08-06 22.55.57

   

Addictive Drums 2 キーマップ

 そこで今回は日本の方向けに鍵盤を横に表記した「日本一見やすいドラムキーマップ(になるといいな)表」を作成してみました。

Addictive Drums 2 Keymap_ページ_1

 ※一部の特殊な音源が使用するマップについては複雑になるのを避けるため表記を避けました。

 奏法についての簡単な説明も載せてみましたので参考にして音源を活用してみてください。

Addictive Drums 2 を使うコツ

  よく「Addictive Drums 2」は音に特徴があるから使いづらいという声を聞きます。

 確かにAddictive Drums 2は音がよく作り込まれているためそのように感じるのも無理がないと思います。しかしこの音源も他のドラム音源と同じように編集をすることで個性を出すことが出来るのです💡

 どのようにしたらAddictive Drums 2の音をオリジナルの音に変えることができるのかいくつかポイントを書いておくので参考にしてみてくださいね💡

Addictive Drums 2でオリジナルな音を作るポイント

(1)付属のプレートリバーブや空間系のリバーブを外して自分でリバーブの設定を作る。

(2)Roomマイクの出力などは使用しない。

(3)元々かかっているEQやコンプの設定を変えてみる。

(4)アナログシミュレーターなどをOFFにしてみる。

まとめ

 Addictive Drums 2はデフォルトでもとても良い音が鳴りますので製作時間があまりないときなどは即戦力になりますし、自分で音をいろいろ変えて工夫することでオリジナルの音を作ることが出来ますので是非試してみてくださいね💡

 そんなわけで、こちらのキーマップも是非活用していただけるとうれしいです⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾ではでは