レイテンシを解消する2つの方法と設定

 DTMでリアルタイムに演奏したい、でも鍵盤を押しても音源の発音が遅れてしまって困っている、なんてことはありませんか?

 今回はそんな「レイテンシ」について、意外な発生場所を含め、簡単な解消方法について紹介していきます。

まずはデバイスのバッファサイズから確認

 本題に入る前にまずは一般的なレイテンシの原因としてよく知られるオーディオインターフェイスの「バッファサイズ」から見直してみましょう。

 バッファサイズはオーディオインターフェイスの設定画面、もしくはDAWなどのソフトからも設定することができます。

 次の画像はCubaseでの設定例ですが他のソフト、機材などでも殆ど同じように設定できますので参考にしてみてください。

mac%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99%e3%81%ae%e5%a4%89%e3%81%88%e3%81%8b%e3%81%9f

① 使用しているインターフェイス名が選択されていることを確認します。

② 「コントロールパネル」と書かれた青いボタンをクリックすると①で指定したインターフェイスのデバイス設定画面が開きます。

③ バッファサイズを指定します、画像では64になっていますが128〜512程度の間で調整してみましょう。

 数値が小さいほど遅延が少なくなりますが、CPUに負荷がかかり音源を鳴らすとバリバリと音がするようになりますので、その場合は少し大きく設定してみましょう。

VSTプラグインによる遅延を見直す

 オーディオインターフェイスの設定はきちんとやっているのに遅延する、という方はもしかしたら使っているプラグインによって遅延が生じているのかもしれません。

 普段使用するマキシマイザーやコンプレッサー、ノイズ除去のプラグインなどは実はトラックにインサートするだけで少しずつレイテンシが増えていきます(中には1つ挿しただけでかなり遅延するものもあり)。

 単体ではそれほど目立たなかった遅延がトラック数が増えるにつれ少しずつ増え、気がつくと全然リアルタイムに演奏できないという現象が発生するのです。

どんなプラグインが遅延を起こしやすい

 それではどのようなプラグインが遅延を引き起こす原因となるのでしょうか?

 次の表はWaves公式サイトからのデータの引用です、プラグインを1つ使用するごとにどれほど遅延を引き起こすのか記載されています。数値が大きいほど遅延が大きいことを表します。

 快適な演奏のために、使用するプラグインの数値の合計が300を超えないようにしましょう。

遅延小←→遅延大

プラグイン名 44.1 kHz 48 kHz
Abbey Road Reverb Plates 0 0
Aphex Vintage Aural Exciter 0 0
API 2500 0 0
API 550 0 0
API 560 65 65
AudioTrack  0
Bass Rider 1852 2016
Bass Rider Live 221 240
BSS DPR-402  85 85 
Butch Vig Vocals 195 195 
C1 Compressor

Comp-Gate:  0

Side-Chain : 720

Comp-Gate:  0

Side-Chain : 720

 C360 Surround Compressor  64 64 
C4 Multiband Compressor 64  64 
C6 Multiband Compressor 64 64 
Center 44 46
CLA Bass 133 134 
CLA Drums 65 65 
CLA Effects 68 69 
CLA Guitars 100 106 
CLA Unplugged 128 128 
CLA Vocals 193 193 
CLA-2A 0
CLA-3A 0
CLA-76 0
Cobalt Saphira 131 134 
Codex Wavetable Synth 106 106 
dbx® 160 Compressor / Limiter 85 85 
DeBreath 32384 35248 
DeEsser 0
Doppler 0
Dorrough Stereo 0
Dorrough Surround 0
Doubler 0
DTS Neural™ Mono2Stereo 508 508 
DTS Neural™ Surround DownMix Standard  3063 3063 
DTS Neural™ Surround DownMix Lite 759 759 
DTS Neural™ Surround DownMix LT+RT 503 503 
DTS Neural™ Surround UpMix 2296 2296 
Dugan Automixer 0
Eddie Kramer Bass Channel 493 500 
Eddie Kramer Drum Channel 410 417 
Eddie Kramer Effects Channel 0
Eddie Kramer Guitar Channel 64 64 
Eddie Kramer Vocal Channel 149 149 
Electric 88 Piano 158 130 
Element 2.0 Virtual Analog Synth 0
EMI TG12345 Channel Strip 85 85 
eMo D5 Dynamics 0
eMo F2 Filter 0
eMo Generator 0
eMo Q4 Equalizer 0
Enigma 0
GEQ Graphic Equalizer 3
Greg Wells MixCentric 3597 3909 
Greg Wells PianoCentric 195 195 
Greg Wells VoiceCentric 65 65 
GTR3 Amps 34 40 
GTR3 Stomps 0
GTR3 ToolRack 34 40 
GTR3 Tuner 0
H-Comp Hybrid Compressor 64 64 
H-Delay Hybrid Delay 0
H-EQ Hybrid Equalizer 65 65 
H-Reverb Hybrid Reverb 0
IDR360 Bit Re-Quantizer 0
Infected Mushroom Pusher 128 128 
InPhase 882 882
InPhase Live 960 960 
InPhase LT 882 882 
InPhase LT Live 960 960 
IR1 Convolution Reverb 0
IR360 Convolution Reverb 0
IR-L Convolution Reverb 0
IR-Live Convolution Reverb 0
J37 Tape 101 101 
JJP Bass 409 417 
JJP Cymbals & Percussion 557 565 
JJP Drums 622 630 
JJP Guitars 622 630 
JJP Strings & Keys 532 532 
JJP Vocals 473 481 
Kramer HLS Channel 161 161 
Kramer Master Tape 59 64 
Kramer PIE Compressor 0
L1 Ultramaximizer 64 64 
L2 Ultramaximizer 64 64 
L3 Ultramaximizer 3528 3840 
L3 Ultramaximizer 3528 3840 
L3-16 Multimaximizer 6207 6207 
L360 Surround Limiter 64 64 
L3-LL Multimaximizer 64 64 
L3-LL Ultramaximizer 64 64 
LFE360 Low-Pass Filter 0
Linear Phase EQ 

Broadband : 2679

Lowband : 1047

Broadband : 2679

Lowband : 1047

Linear Phase Multiband 3528 3840 
LoAir 0
M360 Surround Manager 0
Manny Marroquin Delay 64 64 
Manny Marroquin Distortion 128 128 
Manny Marroquin EQ 0
Manny Marroquin Reverb 1
Manny Marroquin Tone Shaper 2968 2968 
Manny Marroquin Triple D 129 129 
Maserati ACG 64 64 
Maserati B72 68 68 
Maserati DRM 1
Maserati GRP 621 629 
Maserati GTi 197 197 
Maserati HMX 1
Maserati VX1 408 415 
MaxxBass 0
MaxxVolume 64 64 
MetaFilter 84 84 
MetaFlanger 0
MondoMod 0
Morphoder 639 639 
MV2 64 64 
MV360 64 64 
NLS Non-Liner Summer 4
NS1 Noise Suppressor 0
Nx – Virtual Mix Room over Headphones 0
OneKnob Brighter 0
OneKnob Filter 0
OnerKnob Louder 0
OneKnob Phatter 0
OneKnob Pressure 0
OneKnob Pumper 0
OneKnob Wetter 0
PAZ Analyzer 0
PS22 Stereo Maker 4
PuigChild Compressor 0
PuigTec EQs 149 149 
Q10 Equalizer 0
Q-Clone 344 352 
R360 Surround Reverb 0
REDD 65 65 
Reel ADT 1881 2037 
Renaissance Axx 64 64 
Renaissance Bass 0
Renaissance Channel 65 65 
Renaissance Compressor 64 64 
Renaissance DeEsser 64 64 
Renaissance Equalizer 0
Renaissance Reverb 0
Renaissance Vox 64 64 
RS56 Passive EQ 65 65 
S1 Stereo Imager 0
S360 Surround Imager & Panner 0
Scheps 73 65 65 
Scheps Parallel Particles 85 85 
SoundShifter 6946 6946 
SSL E-Channel 1
SSL G-Channel 0
SSL G-Equalizer 0
SSL G-Master Buss Comp 3
StudioRack Dynamic Dynamic 
Sub Align 0
SuperTap 0
The King’s Microphones 344 352 
Trans-X 64 64 
TrueVerb 0
UltraPitch 8239 8239 
UM225 / UM226 44 44 
V-Comp 0
V-EQ3 0
V-EQ4 0
Vitamin Sonic Enhancer 0
Vocal Rider 0
W43 Noise Reduction Plugin 0
Waves Tune 3072 3072 
Waves Tune LT 3072 3072 
Waves Tune Real-Time 0
WLM Plus Loudness Meter WLM: 0
WLM Plus: 80
 WLM: 0
WLM Plus: 80
WNS Noise Suppressor 0
X-Click 2625 2625 
X-Crackle 2625 2625 
X-FDBK 0
X-Hum 0
X-Noise 5120 5120 
Z-Noise 34702 34702 

 この表を見る限り、ノイズやブレスの除去、マルチバンドのマキシマイザーなどは一部を除いて大きな遅延の原因となっているようですね。

VSTレイテンシの効率的な解決方法とは!?

リミッター・マキシマイザーにはローレイテンシーのプラグインを使用する

 ダイナミクス系は遅れが生じやすいのですが、録音時に使用したいものでもあります。

 そこで、「L3-LL」(LLはLow Latencyの略)など遅延が少なく設計されているモデルを使用することでこの問題は回避することができそうです。

リアルタイム演奏で打ち込みする際には必要最小限のプラグインのみを使用する

 単体で数値が「50」前後のプラグインでも10トラックに使用すると500の遅延と、かなりの遅れになります。リアルタイム入力の際にはできる限りプラグインは使わないようにしましょう。

どうしても必要な処理はその都度オーディオに書き出して対応する

 ノイズ処理やコンプ、EQでの音色作り、またボーカルのピッチ修正など、制作の最中でも必要になることがあります。その場合は一度処理した音源をその都度書き出してしまうことでプラグインによる遅延を抑えることができます。

遅延の起こりやすいプラグインのみを一時的に無効にする

 これはあまりおすすめできる方法ではありませんが、DAWソフトによっては一時的に処理の重いVSTプラグインのみを無効にしてくれる機能がついているものがあります。

 画像はCubaseでの例で左上方向、左から3つめのオレンジ色の時計マークがクリックされてオレンジ色になっているときは遅延の大きいプラグインがバイパスになっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-22-50-47

 ただし、重いプラグインはバイパス状態でも多少の遅延を生じますので、よほど必要でない限りは使わないほうが良いです。

まとめ

 今回はプラグインによるレイテンシについて書いてみました。演奏段階で音を作り込みたいという気持ちもわかりますが、プラグインを使い過ぎると演奏の妨げになってしまいます。

 完成形のイメージは持ちつつも打ち込みとミックスはあくまで分けて考えるか、または少しずつ書き出しながら対応することで音源の遅れを解消することができそうです^-^ノ