コードの付け方!メロディにコードを付けられるようになる魔法のテクニックを紹介!

 メロディまでは完成したけど、その後どうやってコードを付けていけばいいの?そんな風に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 コードを付ける作業は慣れるまではなかなか進まない大変な作業でもありますね💡でもちょっとしたコツさえ掴んでおけばとっても簡単にコードを付けができるようになります💡

 今回はメロディにコードがなかなか付けられないと悩んでいる方に魔法のコード付けテクニックを紹介したいと思います^-^ノ

 

お馴染みのメロディへコードを付けてみよう

 今回は皆さんおなじみのアメリカ民謡のメロディに対してコードを付けていきましょう💡

 今回は初心者の方にもわかりやすいようハ長調に移調してあります💡原曲で進めていきたい方はG調で打ち込んでみましょう。

 メロディの演奏も聴けるのでまずは雰囲気を掴んでおいてくださいね💡

最初に「ハ長調のダイアトニックコード」についておさらい

 皆さんはダイアトニックコードという言葉を聞いたことがありますか?

 ダイアトニックコードとはある調の「音階上にある音」を元に構成されているコードのことで、ハ長調であれば、調の構成音は「C、D、E、F、G、A、B」なので、この7つの音から作られた

「C、Dm、Em、F、G、Am、Bm-5」

 という7つのコードがダイアトニックコードとなります💡

 ハ長調ではこの7つのコードが最も頻繁に使われる基本となるコードなので覚えておきましょう💡

 ※もちろん調が変わればこのコードも変わります

まずは各小節の1拍目(最初)の音に対して付けるコードを考える

 まずは、各小節の1拍目に登場する音に対して付けるコードを考えていきましょう💡

 もし1拍目に音がない場合は小節内で最初に登場する音に対して付けるコードを考えていきます。

 それでは早速1小節目に付けるコードを考えていきましょう💡

メロディの音がコード構成音の音に含まれるコードから選んで付ける

 1小節、メロディの1拍目の音は「ド」です。ということで、まずは「ド」を含むコードを書き出してみましょう💡

 ダイアトニックコードの基本形からSus4や7th、9thなどたくさんのアイディアが浮かぶと豊かな曲に仕上がります💡

 では、たくさん書き出しましたがどれを選べば良さそうでしょうか?

曲の出だしはトニック「ハ長調ならCかAm」から始めるのが基本

 先程7つのダイアトニックコードについて紹介しましたね💡実は、これら7つのコードはそれぞれ異なる性格を持っていて、大きく3つのグループに分けることができます💡

 それぞれの性質と照らし合わせながら見ていきましょう。

トニック・サブドミナント・ドミナントの3つに分ける

主要三和音 代理コード 性質

トニック

C(Cmaj7)

Am7、Em7 安定

サブドミナント

F (Fmaj7)

Dm7、Bm7(-5)、Am7 少し不安定
ドミナント G (G7)  Bm7(-5)、Em7第一転回形 かなり不安定
トニックに進行したがる

 これは今すぐ覚える必要はありませんが、覚えておくと後々表現の幅がかなり広がるので余裕があれば覚えておきましょう💡

 代理コードは後ほど使いますがまだ参考程度に眺めておいてください💡

曲の出だし・終わりは安定した音でまとめたい

 曲の出だしはやはり安定した音からスタートさせたいですよね?ということでほとんどの曲はトニックのコードから始められます💡

 また、同じ理由で曲の終わりもトニックコードを使って安定させて終わると程よくまとまります💡

今回は出だしの音は明るいCを選ぼう

 ということで、もちろん代理コードのAmなどを選ぶこともできますが、今回は楽しいアメリカ民謡の曲ですよね💡メジャーコードであるCコードを当てはめてみましょう💡

ここまでの方法を使って最後までコードを付けてみよう

 さて、ここまでの方法を使ってコードを付けてみました💡いかがでしょうか?

なんだか、もの足りな〜い感じしますよね^-^;

 というのも、このコードでは基本に忠実過ぎて代理コードも使っていないし、7thやテンションコード、借用コードなども全然取り入れていません💡

 そうです、豪華な響きを出すにはそれなりに工夫が必要なんですね💡

いくつかのコードを代理コードに置き換えてみよう

主要三和音 代理コード 性質

トニック

C(Cmaj7)

Am7、Em7 安定

サブドミナント

F (Fmaj7)

Dm7、Bm7(-5)、Am7 少し不安定
ドミナント G (G7)  Bm7(-5)、Em7第一転回形 かなり不安定
トニックに進行したがる

 さて、それではいよいよ先程も少し触れた「代理コード」というのを使ってみましょう💡

代理コードを取り入れて適宜調整した例

 今度は代理コードを取り入れてみました💡

リハーサルマーク「A」「B」では2回目に変化をつけてみた

 まずリハーサルマーク「A」と「B」では同じようなフレーズが2回続くので、2回目にAmを取り入れることで雰囲気に差が付きましたね💡

 また、Amを取り入れた影響でその後もFからDmに変更し、マイナーの印象を強めてみました。

リハーサルマーク「C」の終わりをマイナーにしてやや不安定に

 リハーサルマーク「C」は「D」に向かう期待感を持たせたい箇所でもありますさすがに安定感のあるCコードでは緊張感がなさすぎるのでEmに変更してみました。

リハーサルマーク「D」の最後、Cコードが続いていたのでサブドミナントを間に挟むことに

 曲の終結部分、3小節連続でCコードは流石にほのぼのしすぎているので、間にサブドミナントコード「Dm9」を挟んでみました。

 メロディの「ミ」の音がDm9の9thの音になっています。

 でも、まだなにか物足りない感じがします💡そういえばまだ各小節の1拍目にしかコードを付けていませんでしたね💡

 ここからはさらに3拍目にコードを付けたり、ノンダイアトニックコードを取り入れて響きを豊かにしていきましょう

1拍目以外にもコードを入れたり、ノンダイアトニックコードを取り入れてさらに華やかに仕上げる

 さて、ダイアトニックコードがあれば当然それ以外のコードもあるということです💡

 ダイアトニックコード以外のコードをすべて「ノンダイアトニックコード」と呼びます 

 とは言ったものの、そんな急に使えるコードのバリエーションが増えてしまうのも迷ってしまう原因になってしまいます💡

 そこで、まずはハ長調でよく使われるノンダイアトニックコードを覚えてしまってその中から場面にあったものを使うという形で進めていきましょう💡

 ハ長調の場合、まずは

D」、「E」、「Fm」「A」「Gm」「B♭」、「Cdim

 あたりがよく使われるということを覚えておけばOK💡

ノンダイアトニックコードは転調しやすい調から生じる

  • ノンダイアトニックコードは、転調しやすい調(平行調、同主調や属調、下属調など)から借りてくるため借用和音などとも呼ばれます
  • 転調を絡めて「ドミナント→トニック」の進行をするものを特にセカンダリー・ドミナントと呼びます💡

ノンダイアトニックコードや7th、テンションコードなどを取り入れた例

 様々な要素を足してこのようになりました💡ひとつずつ解説していきます💡

リハーサルマーク「A」はそのままほのぼの始まる印象をキープ

 まずリハーサルマーク「A」ですが、こちらは「ほのぼの」とした最初のままの印象が良かったの絵そのままキープで使うことにしました💡

リハーサルマーク「B」ではセカンダリドミナントを取り入れたドミナント・モーションを採用

  リハーサルマーク「B」では、まず6小節目、元々あったAmを3拍目に移して1拍目にAマイナー調のドミナントに当たるE7を持ってきています💡

 これはセカンダリードミナントと言って、Aマイナー調で「E7→Am」の進行がとても心地よい響きであることから、Amを一時転調のトニックと見立てて解決&安定させるという借用和音(他の調のコード進行を持ってくる)の一種になっています。

 同様に、「D7→G」もG調でのドミナントモーション(V→I)になっていて心地よい響きになっていますね💡

 さらに!実は「Am→D7」というのもD調の「A→D」というドミナントモーションの変化型であるため、この一連の「E7→Am→D7→G」という進行はドミナントモーションの連続(変化型)というかなりスムーズな進行になっているのです💡

リハーサルマーク「C」では、F調でのツーファイブからのドミナントモーションを借用和音として採用

 ここからさらに調はF調に一時転調しています

 ここではツーファイブからのドミナントモーションといって、C調では「Dm→G7→C」という一連の流れがとてもスムーズな進行になっているのですが、それを一時転調(F調)として「Gm→C→F」という動きで借用しています💡

 このあと登場するE7はコード進行をAm調に移すことで生じた借用和音です

理論がわからなくても大丈夫OK

 このあたり、理論がわからなければ「メジャーコードはマイナーコードへ」、「マイナーコードはメジャーコードへ」変換できるものだと覚えておけば理論がわからなくてもコードを付けていくことができます

 その際は、先ほど紹介したよく登場するノンダイアトニックコード一覧を参考にしながらコードを付けてみましょう💡

リハーサルマーク「D」では3拍目にG7を足してツーファイブドミナントモーションの動きを取り入れてみた

 曲の終りの部分、やはりここではドミナント機能のコードを取り入れたいところです

 ということで、せっかく「ツー」にあたるDm9があるので、後ろにG7を足してツーファイブ&ドミナントモーションを完成させてあげましょう

最後にコード付けに正解も間違いもないもっと気軽にコード付けを楽しんで

 コード付けについて最後にひとつだけ

 皆さんに誤解してほしくないのは、コード付けには付ける人や作りたい曲の雰囲気などによってどんな付け方になることだってありえるということです💡

 つまり何が正解で、何が間違っているとか、そんなことを考えながらコードを付ける必要はありません!自由に付けていきましょう

7thやテンションコードは響きの好み

 7thやテンションコードだって、もちろんジャズの理論などでアボイドノートなどもありますが、それでも理論が全てではありません

 この響きが好きだ!使いたい!そう思ったコードを使ったらいいと思うのです!

実は、コード付けに理論なんて必要ない!?

 今回ちょっとむずかしい理論も含めてしまいましたが、実際にコードを付ける時にいちいちこんなめんどくさいことをやっているかと言われたら答えはNOです。

 というのも、ピアノやギターなど楽器の伴奏やソロを演奏していればなんとなくコード進行のパターンってそんなにたくさんはないことがわかります。

 基本の形に装飾がされているようなものがほとんどなのです💡

 そして、なんとなく耳につくようになると、今回やったような面倒な作業はしなくて、ピアノでメロディを弾きながらサクッとコードを何パターンか弾いて決めていくようなスタイルになっていきます。

 まずは純粋にコード付けの作業や、演奏などを通して楽しみながらコードのパターンを覚えていきましょう^-^ノ

フォローする