良い先生を見つけるために覚えておいたほうが良い事とは?

 先生と一言に言っても楽器の先生だったり、作曲の先生や人生の先生など、たくさんの先生がいます。

 実は僕自身今まで楽器や作曲の先生に何人かついてきて(お世話になった人生の先輩も)、この先生は良い!ずっと付いていても得られるものがあると感じた先生がたくさんいました。

 今回は、そんな素晴らしいと感じた先生方の特徴を書いていきたいと思います。

 みなさんにとって良い先生を見つける手助けになればうれしいです^-^ノ

 
 

☆こんな先生を探そう♪

 いきなり先生を探そうと一言に言っても、どんな先生を探したら良いのかわかりずらいと思いますので、まずは次の3つのポイントを兼ね備えた先生を探してみましょう。

  1. あなたの良いところをちゃんと見つけてくれる先生。
  2. 生徒が今までどんな努力をしてきたかを見極めてくれる先生。
  3. 生徒が学びたいことを教えられる能力をきちんと持っている先生。

  この3つが満たされていればその先生は皆さんと相性バッチリになること間違いなしです。

最初に良いポイントを見つけてくれる

 まず(1)ですが、先生に会って、生徒として能力を判断してもらう際、先に良いところを指摘されるか、それとも悪いところを指摘されるかに注目してみましょう。

 どんな事柄であっても必ず良いところというのはあるはずです、どんなに初心者だってその人からにじみ出る素敵な要素があります。

 最初にそれに気づいてくれる先生を選ぶと良いでしょう。

 最初から悪いところをどんどん指摘する先生は、人の良いところを見つけるのがあまり上手ではない先生なので、あなたの良いところをきちんと伸ばしてくれない可能性があります。

あなたの努力をきちんと理解してくれる

 そして(2)です、生徒である皆さんが今までこんな努力をしてきたんだろうなと想像してくれる先生です。

 想像ができる、ということはその先生も同じように1からスタートしてそれを乗り越えてきた過程をよく知っている先生とも言えます。

 そんな先生は生徒の苦手を解決して教えるのがとても上手です!

学びたいことを教えてくれる能力がある

 (1)(2)をクリアしていればこれはほぼ条件を満たしています💡

 あとは、やはり先生なので人が良いだけではだめで、きちんと自分が学びたいことを教えてくれる能力を持っていることも重要なポイントです。

 もちろん、人間は完ぺきな人などいないのであまりすべてを求めすぎるのはだめですが、その先生が得意としていることが、自分が学びたいと思うこととマッチしていれば最高の先生になります。

まとめ

 よく先生は相性が大切とも言いますが、僕がいままで付いてきた先生方や、作曲のセミナーもありますが、自分が良いと思った先生はやはり周りの友人なども良いと感じている方が多いです。

 逆に、正直二度と受けたくない(失礼^-^;)と思った先生はやはりじわじわと微妙な評判が広がっているようなので、受けてみた人の評判を調べてみるというのも一つの手かもしれません💡

 目の前の人一人を大切にできる方というのは先生としても、なにより人間としても大切なことで、そういった方々とより多く接することは能力の向上だけでなく人間性もどんどん良い方向に進んでいくのだと思います。

 みなさんも良い先生をたくさん見つけられると良いですね^-^b