美女と野獣のサントラがDTMerにもおすすめな理由

 今年大流行の映画「美女と野獣」、ムービーの方はもう語らずとも素晴らしいのですが、実はこの映画のサウンドトラックに制作者にとって有益(おもしろい)情報が詰まっているのです!?

 そのトラックが含まれるのがこちら、「デラックス・エディション」といってCD2枚組で販売されているサウンドトラックなのですが。

プロのモックアップが聴ける

  映画音楽の制作段階では作曲者が提案するための所謂モックアップ(作曲 Demo音源)というのがあって、それを元に音源の中のどの要素を採用して実際に使用する譜面を仕上げていくかを考えていくのですね!? ハリウッドのような大きな制作現場ではオーケストレーターや映像にテンポを合わせていく専門の人がそれぞれに仕事を進めていくわけです。

 それでなにが面白いかというと、 このサウンドトラックには実際に制作に使ったモックアップが数曲分収録されているのです!?

 世界中で上映されている最高の映画のモックアップミュージックのクオリティってどれくらいなのか(?)ということや、実際にモックアップから完成された音になるまでにどんなところを重視して編集されているのか? などなど制作現場に入ったつもりでこのモックアップを聴いてみることは音楽を聴く側としてとても勉強になったりするのです。

  セリーヌ・ディオンさんの「How Does A Moment Last Foever」もとてもきれいな作品ですね。収録されている音楽もどれも素敵なものなので音楽を楽しむという意味でもこちらのサウンドトラックはおすすめです^-^ノ

 すごく良い作品だったのでまだ見てないという方は是非本編も見てくださいね^-^ノ

関連の記事♪

関連の記事♪

フォローする