オーディオインターフェイスを選ぶ時のポイントとは?目的別のおすすめ機種

         

 初めてオーディオインターフェイスを買うとき、どれを購入したら良いのか悩むものですね。

 今回はオーディオインターフェイスってなに?というところから選ぶ際のポイントまで、使う方の目的に合ったオーディオインターフェイスの選び方を紹介していきます💡

オーディオインターフェイスとは

 オーディオインターフェイスはパソコンに接続して、音楽やMIDIデータの入出力や変換を行うための機材です。 簡単に説明すると

オーディオインターフェイスを使う目的 

    1. 音楽を高音質で遅延なく再生したり、編集するために使う。
    2. マイクやギターをつなげて録音するためのケーブル差込口として。
    3. 機材をMIDIケーブルで接続するためのケーブル差込口として。

 などの用途に使うものです。

製品を選ぶときのポイント

 それではどのようなポイントで機種を選べばよいのでしょうか?選ぶ際に比較すると良いポイントを書き出してみました。

オーディオインターフェイス選びのポイント!

  • パソコンへの接続はUSBか、Firewireで接続するか。
  • 安定性があるモデルか、安定性を必要としているか。
  • 音の解像度や定位はしっかり再現できるか、そこまでの性能を必要としているか。
  • 使用する出力数、入力数は使用目的に十分足りているか。
  • コンデンサーマイクを使用するなら48V電源が備わっているものを選ぶ。
  • ギターなどを繋ぐならハイインピーダンスに対応しているものを選ぶ。
  • ステレオミキサーやルーティングなどを使いたければ対応しているものを選ぶ。
  • どこのメーカーから出ているか、きちんとしたメーカーから購入する。

 オーディオインターフェイスは各メーカーから多くの機種が出ているので、今回は趣味で使う目的から、業務用途まで、おすすめの機種を4機種ご紹介します。

★価格重視!お手軽に歌やギターを録音してステレオミキサー機能も欲しいなら

 

 歌やギターの録音など、趣味で使用する目的におすすめ。一通りの機能は揃っていて簡単に操作できるので気軽に使う1台としておすすめです。

 ダイナミックマイク、コンデンサーマイク共に対応しています。

★音質もそれなりに求めるけど外に持ち運び用としても使いたいなら  

  または 

 業務用で実績のあるRME社のポータブルオーディオインターフェイスで、低価格で上位機種に劣らない品質が素晴らしいモデルです。安定性も抜群!

 DTM用途で作曲やミックスなど、プロの制作用としても十分使用できる機種です。

★しっかりとした電源供給があり業務用途で使用したいなら

 

 Firewire接続にも対応していて機能や音質、安定性は抜群で信頼できるモデルです。

 babyfaceよりもさらに解像度の高い音で、奥行きの表現もより豊かに再生できます。

まとめ

 オーディオインターフェイス選びはDTMをはじめたばかりの人にとっては最初の壁です^-^;

 機材はとても高いものですので焦らず、何が必要かをよく考えて製品を選びましょう💡

 ♪作曲や編曲、ミックス、音源の修正、DTM教室などお気軽にご相談ください(*´∀`*)♪

 

 ↓北海道六花亭のバターケーキ!おみやげで買ってきたらおいしかったよ(*´∀`*)♪

関連の記事♪

フォローする