Sample Modeling SWAMエンジンの使い方を徹底解説! the Violin レビュー

 今回はSample Modeling(サンプルモデリング)というちょっと変わった音源について紹介していきたいと思います。

  

 ちなみに以前書いた記事「DTM打ち込みテクニック!美しく聞かせるコツ」で使用したのもSample Modelingの音源です。音色についてはそちらの記事をご覧くださいm(_ _)m

DTM打ち込みテクニック!美しく聞かせるコツ
 DTMの打ち込みで、特に生音系の楽器を綺麗に鳴らすのはとても難しいし、そういった情報って探してもあまり見つかりません^-^;  というこ...

Sample Modeling とは

 今市場に出回っている音源の多くは「サンプリング音源」といって、実際に楽器から出た音色を録音した音声データを、MIDIノートに合わせて発音する仕組みになっています。

 ところがSample Modeling はそのような膨大な量の音声データを扱うのではなく、少しの音声データを加工して、実際に本物の楽器の物理現象を計算してその瞬間にエンジンで音を作り出す「物理モデリング」というシステムを使っているのです(!)

 物理モデリングについては「物理モデリングとサンプリング音源の違いとは?」を参照

物理モデリング音源とサンプリング音源の違いとは? 特徴と比較
    みなさんがDTMでよく使用している生楽器の音源は「実際の楽器から出た音色を録音した音声データを、MIDIノートに合わせて発音してい...

 というわけで、音源というよりももう楽器そのものに近い存在なのかもしれません。

エクスプレッションの入力が必須

 Sample Modelingでは、起動時にエクスプレッションペダルやEWIなどのコントローラーを使ってCC11を入力する必要があります。

 

 ペダルなどのコントローラーを持ってない人はこんな感じでDAWにCC11を打ち込んで一度その場所まで再生することで使えるようになりますよ。

細かいアーティキュレーションの切り替えは不要

 他の音源ではレガートやスタッカート、スピッカート、マルカート、スフォルツァンド、フォルテピアノ、などなどアーティキュレーションをこまめに切り替えてあげなければなりませんでしたが、Sample Modelingではそれらは全てCC11の波形によって表現する仕様になっています。

 なので演奏中に切り替える奏法といえばトレモロやハーモニクス、コル・レーニョなど特殊な奏法のみとなります。

モジュレーション(CC1)でビブラートの深さを調節

 以前VIENNAでビブラートの深さを調節する方法について、「ノンビブラートのパッチ」と「ビブラートのパッチ」をクロスフェードさせて調節する例を紹介しました。

 詳細はこちら「VIENNA Solo Violin2 レビュー

 それと同じようなことをSample Modelingの音源でもやることができます。

 モジュレーションを使ったビブラートの掛け方についてはまたまた、「DTM打ち込みテクニック!美しく聞かせるコツ」で制作例を載せてありますのでそちらを御覧ください。

同じ音は2度と鳴らない

 Sample Modelingは物理モデリング音源なので、その瞬間にベロシティやノートの長さ、CC11の量や波形の形によって計算された音は1度限りのものになります。

 なので似たようなノートを2回連続で鳴らしたとしても、それは違う音となって演奏されます。

 実際の楽器を人間が演奏する場合もそうなのですが、どんなに演奏が上手な人でも2回弦を鳴らせば2回とも微妙に違う音が出ます。

 よくスタッカートの連続など、同じ音が何度も続くといかにも打ち込みの感じがしますが、この音源ならそんな現象も自然と解消できてしまうというメリットがあります。

 ※もちろんベタ打ちすれば同じ音がずっと鳴ります^-^;

メイン画面の使い方

 はじめにソフトを起動するとこんな画面が表示されます。まずは基本的な設定項目から見ていきましょう。

基本設定

① チューニングの設定をします。

② トランスポーズ(移調)の設定をします。

③ リバーブをかける場合リバーブタイムを設定します。

④ リバーブのWET/DRYの設定をします。

⑤ パン振りの設定をします。

⑥ ボリュームを調節します。

楽器選択・奏法選択

⑦ 楽器の選択(何種類か入ってます)。

⑧ 奏法の選択、Bowdが弓で普通に演奏する奏法で、他にPizzicatoやColLegnoがあります。

⑨ CC11による弓の挙動を選択します。

⑩ ソルディーノ(ミュート)の On/Off を設定します。

⑪ OnにするとCC11が0になったときに音が切れます、OFFにすると急に音が途切れるのを防ぐことができます。

⑫ MonoモードかPolyモードか、またはAutoにするとdivにも対応できます。

⑬ 左手のポジションを設定します。

⑭ 演奏していない時の弓の状態を弦に乗せておくか(On)、離すか(Off)を設定します。

⑮ 上げ弓または下げ弓どちらで演奏を始めるかを設定します。

⑯ アタックの強さをVelで調節するかCC11で調節するか設定します。

⑰ ポルタメントタイムをVelで調節するかCCで調節するか設定します。

⑱ ハーモニクスの On/Off を設定します。

⑲ トレモロの On/Off を設定します。

楽器の特性と奏者の特性を設定

⑳ 弓が弦に当たる圧力を設定します。

㉑ ブリッジ(駒)からの(弓/指)の距離を設定します。

㉒ Pizzicatoの音色を調節します。

㉓ ベロシティがアクセントに与える量を調節します。

㉔ 松脂の量を調節します。

㉕ 弓のノイズをどのくらい入れるかを設定します。

㉖ 弦の共鳴の量を調節します。

㉗ 開放弦による共鳴の量を調整します。

㉘ 楽器のカラー(明るさや暗さ)を調節します。

詳細設定画面の使い方

 詳細設定画面へは「Option」と書かれたボタンをクリックすると進めます。

 「Reset」と書かれたボタンを押してしまうとすべての設定がリセットされてしまうので気をつけましょうね。

詳細設定外面へ移動する方法

詳細設定画面本体

 ちょっと細かすぎるので番号を振れませんでした(。・ω・。)順番に見ていきましょう。

 Expression Curve:CC11によるベロシティ感度を直線状にするかカーブを描くようにするかの設定。右に行くほど直線になります。

 Env Attack Speed:アタックの傾斜の急さ(険しさ)。

 NoteOff Sust.(No Rel.):サスティンペダルの使い方を設定。

   Hold:サスティンペダルによってノートがサスティンされます。

   Acc:ノートの終わりに短いアクセントが加えられてからリリースされます。

   Fade:ノートの終わりにすぐにフェードが解除されます。

 Sustain Latch:ONにするとサスティンペダルがラッチモードになります。

 Port/Leg Speed&Thresh:ポルタメント速度にベロシティが与える影響の閾値を設定をします。

 Portam. Split Ratio:2本以上の弦を使う場合ポルタメントのスプリットポイントの割合を設定します。

 Vibrato Rate(Hz):ビブラートのスピードを決めます。

 Vibrato Random:ビブラートがランダムになる量を設定します。

 Vibrato Fade-In(ms):ノートが発音され始めてからビブラートがフェードインする時間を設定します。

 Random Bow:弓の圧力をどれだけランダムにするかを設定します。

 Random Finger:フィンガーポジションをどのくらいランダムにするかを設定します。

 Dynamic Transit.:レガートトランジション(ノートのつなぎ目)でのエクスプレッションのフェード具合を決めます。

 Interactive BowPress:きれいなビブラートを維持するために、弓の圧力を補正する量を調節します。

 Pizz.FBoard Interf.:ピチカートの際に発生する、指板と弦との衝突の量を調節します。

 Pan Behaviour:リバーブをかけた際のパンの働き方の設定をします。

 Trem. Min Speed(Hz):トレモロ奏法で一番遅い演奏をした時のスピードを設定します。

 Tremolo Mode:トレモロのモードを設定します。

    Hz:トレモロの割合はDAWプロジェクトのテンポにシンクロしません。

    Sync:トレモロの割合がDAWプロジェクトのテンポにシンクロします。

    Sync/Acc:トレモロの割合はDAWプロジェクトのテンポにシンクロしつつ、3〜4きざみにいちどアクセントがはいります。

 Manual Trem/BowC KS:C#キーに割り当てるキースイッチの挙動を設定します。

 Dbl/Hold Str.Selection:ダブルストップの際に優先して使う弦を指定します。

 K.S. Mode(Trigg/Vel):キースイッチの切り替えを回数によるトリガーモードにするかベロシティによって変えるかを選択できます。

 K.S. Vel Remap:キースイッチがベロシティモードの際に、切り替わるベロシティの閾値を設定します。

 KS Oct. Transp.:キースイッチの位置をトランスポーズすることができます。

 Expr. Trigger Mode:”On”に設定されている場合:CC11が一定の閾値より上または下になるとノートオンとノートオフをトリガーします。実際の楽器では指を押さえただけではノートオンににならないのと同じで、指を押さえたままでもノートをオフにすることができます。 

 Expr. Trigger Sens:Trigger ModeがONになっている場合、アタックの急さに対するレスポンスを設定します。

 Auto/Poly Detect.Time:ポリフォニーモードがAutoの場合、重音の予測タイムを設定します。重音の検出はスタッカートノートでのみ行われます。

 Mono String Crossing:Mono SXモードの場合、2つの弦を移動しながら演奏する場合その重なりについて設定をします。

 Str.Tuning:最低音のチューニングを設定します。通常はG線のGを使います。

 Resources Root Path:プラグインの設置フォルダーが表示されます。

 MicroTuning[cents]:より細かいチューニングを行うことができます。

 Temperam:音の性質をコントロールできます。この値が0よりも大きくなるとイントネーションが広がります。高いピッチでは高音のデチューンが適用され、低いピッチでは低いデチューンが適用されます。特殊効果的な用途で用いることができます。

まとめ(使ってみた感想)

 こんな感じで、振り返って見てみるととにかく設定項目がたくさんありますね^-^;

 ちょっと設定は大変ですが、使いこなせるようになると表現の幅が広がる音源でもあります。

 最初に述べた通り、これはもう音源ではなく”楽器”のような存在ですので使いこなせるようになるまでには楽器の練習をするのと同じように練習を積むことが大事だと思います。

 新しくひとつ楽器をはじめるつもりで、やってみると楽しみながら覚えることが出来るかもしれませんね^-^ノ

 ♪作曲や編曲、ミックス、音源の修正、DTM教室などお気軽にご相談ください(*´∀`*)♪

 

 ↓北海道六花亭のバターケーキ!おみやげで買ってきたらおいしかったよ(*´∀`*)♪

関連の記事♪

フォローする