作曲でメロディが思い浮かばないという人はなぜ思うように曲が作れないのか

 作曲をしているとこんなことはありませんか?

  • (1)そもそもなんだかメロディが浮かばない。
  • (2)せっかく一度作ったのになんだかあまりしっくりこない、ぼつ。
  • (3)というかこれ誰かの曲に似ているような気がするからぼつ。

 そうこうしているうちに気がつくと時間だけが過ぎて1曲も作れない、などなどです。

 今回は、そんな悩みを抱えている方々に、ちょっとだけ音楽の聴き方を変えるだけで解決できるんだよ💡ということをお伝えしたいと思います。

 

メロディが思い浮かばない原因はどこからくる?

 先程挙げた3種類の悩みはどれも全く異なるところから生まれそうな悩みのタネですが、実は原因はただ一つ

 作りたい”ジャンル”の曲を偏って聴いているから

 というところにあります。

同じアーティストのアルバムや1曲だけを何回も聴いている

 メロディが思い浮かばないという悩みを抱えている方の多くは、おそらく好きなアーティストの曲を何百回も聴いたり、とにかく気に入っている何曲かをたくさん聞いたり分析したりしているのではないでしょうか?

 もちろん1曲を時間をかけて分析するということもとても大事なことなのですが、その1曲を学んでから作る曲というのは、その曲のリズムだったりコード進行だったり、使っている楽器だって似てきてしまいます。

 さらに追い打ちをかけるようにあなたはその曲が大好きなので、その好きな要素をたくさん詰め込んでしまいがちになってしまいます。

曲を作りたい、でも似ないように作らなければならないと思う

 さて、今皆さんは1曲分析し終わって、そろそろ自分の曲も作ろうかと思います💡

 当然のことながら思い浮かぶリズムや染み付いたコード進行などがよく聴いている曲から離れられないのでなかなかオリジナルのフレーズが作れなくなってしまいます。

 今皆さんの頭の中は、「大好きな曲を再現できるような曲を作りたい」、「でもオリジナルにしなければならない」という葛藤と戦っているのかもしれません。

 結果として良いと思ったフレーズは自分の知っている好きな曲にそっくりになるし、逆にそれから離れたメロディを良いと思わない思考が作られてしまっているのです。

 なので

  •  良いと思ったフレーズ = 何かに似ている
  •  あまりしっくりこないフレーズ = 自分が好きな曲に似ていない

 という矛盾する式が成り立ってしまい、いつまでたってもメロディを完成させることができないのであります💡

ではどうすればよいのか?

 ある曲から自分の好きなリズムを持ってきたり、コード進行を持ってきたりすることは全然かまわないしパクリにはならないんですよ💡

 あと結構微妙なところですが、4小節くらいほぼ同じメロディになっている曲ってたくさんあります。

では結局何が問題なのかというと

 今、自分が好きだ〜って思う曲の要素の数がまだ限られているのだと思います。

 人は自分が良いと思ったものの中から要素を選んで組み立てていきます、なので少ない要素の中から選んだパーツを組み立てていくと必然的に完成するものの形って似てきますよね(?)

 例えば使える積み木の形(自分の好きな形)が「◯、△、◻、☆」でその中から1つの作品を作るために3つのパーツが使える場合、

 4C3 = (4x3x2)/(3x2x1)=24/6 = 4(通り)

 つまり4通りの作品しか作ることができません。これでは完成品と元のパーツで一致する部分も多くなって、結果似たような作品になってしまいます。

 もし使えるパーツが「◯、△、◻、☆、☓、♡、※、+、-、§、♪、♬、♮」だったとしたら、ここから3つ選ぶ場合、

 13C3 = (13x12x11)/(3x2x1)= 1716/6 = 572 (通り)

 と、使える要素が9個増えただけで568通りもの組み合わせが増えています。

 そのうえ作曲では使う要素の数が限られたりもしないのでこの中から10個使っても良いのです。

 13C10 = (13x12x11x10x9x8x7x6x5x4)/10!= 6227020800/3628800 = 1716 (通り)

 ↑この式久々に見たなぁ(日常生活で使う時が来るとはŧ‹”((。´ω`。))ŧ‹”)

つまりたくさんの曲を聴いてもっと好きな要素を増やそう!

 結論として、メロディや編曲がまだまだ思い浮かばないな〜っていう人はもっともっとたくさんの曲を聴いて、今より10倍、100倍好きな曲の存在を知りましょう💡

 そしてその中からリズムだったりメロディの音形だったり、コード進行だったり、自分が好きな雰囲気を取り入れるようにしていけば、他の曲の丸パクリになることはなくなってゆくゆくは自分の世界観を表現できる日が来ることでしょう⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾

 と、いうことで。

 既にたくさん曲を聴いているけど作れないという方、m(_ _)mゴメンナサイ それはなぜだか僕にはわかりません。

 
 

シェアする

フォローする