Cubaseの簡単タイミング修正ツールAudioWarpの使い方

 ボーカルや楽器のタイミング修正はオーディオデータをカットしながら調整していくやり方が主流でしたが、Cubaseに付属の「AudioWarp」を使えばカットせずに簡単に修正できます。

 今回はそんなAudioWarpを使ったタイミング修正のやり方を紹介していきます^-^ノ

   

AudioWarpとは

 AudioWarpはCubaseを購入すると付属してくるタイミング修正ツールで、オーディオを伸ばしたり縮めたりすることで時間をずらしてタイミング修正します。

 カットして修正する方法と異なりつなぎ目がないため、つなぎ目の不自然さを修正する手間が省けて時間短縮できるメリットがあります。

AudioWarpを使ってみる

 AudioWarpを使用するには、まずタイミング修正したいオーディオイベントをダブルクリックしてオーディオ編集画面を開きます。

 編集画面が開いたら左側のメニュー部分から「AudioWarp」を選択して、フリーワープの右にある「▶」ボタンを押します。

 これでタイミング修正を行う準備が整いました。

固定する箇所にマークを付ける

 タイミング修正をする際に、動かしたくない箇所を決めます。オーディオ上で2箇所クリックしてみましょう。

 すると次のように縦線が追加されました。

 このマーカーは「Option(Alt)」を押しながらクリックすることで消すこともできます。

タイミングを変えたい箇所をクリックする

 続いてタイミングを変えたい箇所をクリックします。今回は下図のように出だしが遅れている箇所を例に修正してみます。

 この波形のようにアタック部分が分かる場合はそこに合わせると作業がしやすくなります。

 クリックした箇所に新しい線が追加されました。

線を移動させてタイミングを修正する

 追加した線をクリックして、そのまま移動させてタイミングを修正します。今回はグリッド線に合わせて修正します。

 波形が左側にずれました。最初に指定した2箇所(両脇)の線を基準に、その間の波形が伸縮してタイミングが修正されています。

 この範囲の外側には一切伸縮は起こりません。

うまくいかない時はリセットボタン

 カットする方法では簡単に戻せませんが、AudioWarpにはリセットボタンが付いています。いろいろ作業してみてなんだかびみょ〜な感じになってしまったら一度リセットしてみましょう。

まとめ

 Cubaseのピッチ修正ソフト、VariAudioはよく話題に出るのですが、この「AudioWarp」はあまり知られていないようで、Cubaseを持っている方ならすぐに使える素晴らしい機能ですので是非使ってみてください^-^ノ

 Cubaseを持っていない方は買ってしまいましょう^-^♪

関連の記事♪

関連の記事♪

フォローする