音感を鍛える楽しいしりとりゲーム

 このサイトでもWeb上で手軽に遊べるソルフェージュのゲーム(ソルフェージュの森)を公開していますが、それでもなかなか階名の並びを覚えられないという方や、一人で黙々と覚えるのが辛いという方もいると思います。

 そこで、数人で楽しく遊びながら音感を鍛えられる有名な面白いゲームがあるので紹介していきます^-^ノ

 このゲームをやっていると自然とドレミで歌いながら鍵盤を弾いたりできるようになるのでおすすめです。

   

ドレミファソラシドの練習

ドレミファソラシド

 まずはドレミファソラシドの並びを完璧に覚えるゲームです。

  • 最初に音階を上がるか下がるかを決める(例:上がる)
  • まず1人目が基準となる階名から始める(例えば:ドレミ)
  • 2人目はミファソ、3人目はソラシ、と続けていく
  • 階名を読む時に歌う必要はなく、普通に単語を読むように発音してもOK

ゲームの風景

音階ゲームやるよ♪じゃあ上に上がっていくね♪
最初は、ドレミ

ミファソ

ソラシ

シラレ・・・あ、間違えちゃった。

 という感じで進めていきます💡 下りバージョンもやってみましょう。

今度は下がっていくよ♪
ラソファ

ファミレ

レドシ

シラソ

 下りでも同じように続けていきます。

1つ飛ばしに挑戦

ドミソシレファラド

 次は少しだけ難易度が上がります。今度は1つ飛ばしで階名しりとりをやっていきましょう。

ゲームの風景

じゃあ今度は1つ飛ばしでやっていこう!
ドミソ

ソシレ

レファラ

ラドミ

 こんな感じで、上りと下りで遊びながら覚えていきます。

まとめ

 みなさんは今回の階名読みをスラスラ迷わず言えましたか!? ソルフェージュをやっていて、何故か階名の上下がわからなくなってしまうという方は今回のゲームの感覚を覚えるとよりすらすら譜読みもできるようになっていきます。

 今回の例では2人でやっていますが、もちろん一人しりとりでもぐんぐん伸びていくので移動中や時間のあるときにやってみてくださいね^-^ノ♪

関連の記事♪

関連の記事♪

フォローする