1つで2役!?便利なWAVES Renaissance Channelの使い方

 WAVESのRenaissanceシリーズといえば、DTMをやっている方ならほとんどの方がご存じかと思いますが、そんな中でも実はRenaissanceシリーズの機能の良いとこ取りをして完成した、強力なチャンネルストリップがRenaissance Channnelです。

 Renaissance EQとRenaissanceコンプを別々に使っている、という方は今回紹介するRenaissance Channnelがとてもおすすめです^-^ノ

   

Renaissance Channelとは

 Renaissance Channelは、REQやRcomp、RVoxの機能をまとめ、さらにサイドチェーンフィルターや位相の反転、パン振りなどの機能を追加したRenaissanceシリーズのフラッグシップモデルです。

 Renaissance Channel1つでEQやコンプを設定したり、EQとコンプの順番を入れ替えることもできるのでプラグインラックとCPU負荷を節約できるところも大きなメリットです。

 また、サイドチェーンフィルターは単体のEQやコンプには付いていないのでRenaissance Channelならではの機能が付いているところもお得です。

  • Renaissanceシリーズのチャンネルストリッププラグイン。
  • 4バンドのRenaissance EQが搭載。
  • Gateエキスパンダー機能を搭載。
  • コンプレッサーは「RComp」と「RVox」を切り替えて使用可能。
  • リミッターが搭載されているのでクリップする心配がない。
  • GateとCompには個別にサイドチェーンが搭載されていて、Gateやコンプが反応する周波数帯域を指定できる。
  • 出力セクションでは「位相の反転」や「パン振り」の設定もできる。
  • 1つのプラグインに機能がまとめられているので、プラグインラックを節約できる。
  • RVoxモードでもアタックとリリースを調整できる。

チャンネルストリップとは

 皆さんがスタジオで目にするミキシングコンソールはたくさんのフェーダーやツマミが並んでいますが、チャンネルストリップとは、その中の1チャンネルのみを抜き出したものです。

 この1列に「フィルターやEQ、コンプ、エキスパンダー」が並んでいます。

Renaissance Channelの色分けルール

 Renaissance Channelのインターフェイスでは、EQ、コンプレッサー、Gateの3つの機能が色分けしてわかりやすく表示されています。

 EQに関するグラフやボタンは黄色コンプに関するグラフやボタンはオレンジGateに関するグラフやボタンは水色で表示されています。

 この3色を見かけたら対応する機能に関するグラフやボタンだと覚えておくとこの後の説明がわかりやすくなります。

  • EQ:黄色
  • コンプ:オレンジ
  • Gate:水色

EQセクション

 EQセクションは、4バンドのEQを操作する画面で、基本的には使い方はREQと同じです。

 EQの設定値はモニター中に黄色の線で表示されます。

 Renaissance EQの使い方はこちら↓

WAVES Renaissance Equalizerの特徴と使い方-EQをはじめて使う方向けの解説
 Renaissance Equalizerといえば、WAVESの有名なEQ(Q10)を改良して作られた、人気のイコライザーです。  ...

バイパス(無効化)ボタン

 Renaissance ChannelのEQセクション独自の機能として、バイパスボタンがあります。左端の「EQ」と書かれた部分が黄色く点灯しているときはEQが有効になっていて、クリックして灰色の場合はEQセクションが無効化されます。

ダイナミクスセクション

 ダイナミクスセクションはコンプレッサーとGateを設定するセクションです。複雑そうに見えますが実は単純なので1つずつ見ていきましょう。

コンプレッサーの設定

 コンプレッサーに関する項目はダイナミクスセクションの左上部分で行います。基本的な設定方法やリダクションの確認はRCompと同じです。

人気のコンプレッサーWAVES Renaissance compressorの使い方をもっと知っておこう♪
 今回は人気のRenaissance compressorの使い方について紹介していきます。  Renaissance compres...

RCompとRVoxの切り替え

 ダイナミクスセクションでは、まず「RComp」と「RVox」の2機種から使用するコンプレッサーを選びます。

 小さくてわかりづらいですが、文字をクリックすると切り替わります

コンプレッサーの有効化・無効化の切り替え

 先程のコンプの切り替えボタンのすぐ右にあるボタンは、コンプレッサの有効化・無効化を切り替えるボタンです。

 デフォルトではオレンジ色に点灯して有効になっていますが、クリックして灰色になっている場合は無効化されます。

スレッショルドの設定

 スレッショルドは数値部分をマウスで動かしたり、左側のオレンジ色の三角形を上下に動かすことでも設定できます。

レシオの設定(RCompのみ)

 レシオ(圧縮比)の設定は数値をマウスで動かすことで指定できます。

 RVoxではレシオが自動で設定されるため、この部分がグレーアウトになります。

アタックタイムの設定

 アタックタイムはミリ秒(ms)で設定できます。

 ちなみにRenaissance Voxという単体のプラグインではアタックタイムやリリースタイムは完全自動で、手動設定ができなかったのですが、Renaissance ChannelではコンプレッサーにRVoxを指定している場合でもアタックとリリースを手動設定できます

リリースタイムの設定

 同様にリリースタイムの設定も行います。リリースタイムには「ARC(自動リリースタイム)」という設定項目があり、「Auto」に設定するとリリースタイムが自動になります。

 手動で設定したい場合にはARCを「Manual」に設定しておきましょう。

Gainリダクション量の確認

 Renaissance Channelではメーターが多くて混乱しがちですが、Gainリダクション量は真ん中のメーターで確認できます。

 中央付近が「0dB」で圧縮されると下ヘ向かってメーターが伸びてきます。

Gate・エキスパンダーの設定

 Gateは、ある音量よりも小さな音をすべて圧縮する機能です。Gateの設定はダイナミクスセクションの左下で行います。

Gateのモードを切り替える

 Gateと言うと、ある音量以下はバッサリと切ってしまうイメージですが、Renaissance Channelでは、ゆるやかにGateが掛かる「エキスパンダー」モードが用意されています。

 デフォルトではエキスパンダーモードに設定されていて、Gateモードと切り替えて使用できます。

  • Exp:緩やかに掛かるエキスパンダーモード
  • Gate:崖のように急にかかるモード

Gate・エキスパンダーを有効化

 初期状態ではGate・エキスパンダーが無効になっているので、スイッチを青色に点灯させてONにします。

スレッショルドの設定

 コンプレッサーでは、ある音量以上の音を圧縮するためにスレッショルドを設定しますが、Gate・エキスパンダーではある音量以下の音を圧縮するための基準となる音量をスレッショルドで設定します。

Floorの設定

 Floorという用語はあまり馴染みが無いかもしれませんが、最大で何dB圧縮するかを設定する項目です。 圧縮の最低値(底)という意味のFloorですね。

 デフォルトでは「-inf」つまり無限に圧縮する設定になっています。圧縮量を減らしたい場合にはこの数値を大きくすることで圧縮量を制限できます。

リリースタイムの設定

 Gateのリリースタイムは、スレッショルドよりも音量が上回ってから圧縮が解除されるまでの時間でした。ここではリリースタイムを設定します。

  1. 音量がThreshを下回る。
  2. Gate・エキスパンダーが掛かり始める。
  3. 音量がThreshを上回る。
  4. リリースタイムを経て圧縮が徐々に解除される。

Gate・エキスパンダーのGainリダクション量

 少しわかりづらいですが、Gate・エキスパンダーのGainリダクション量もコンプレッサーと同じ場所に表示されます。

 考え方としては、コンプレッサーであろうと、Gateであろうと音が圧縮されているということには変わりがないので、この場所には元の音がトータルで何dB圧縮されているのかが表示されていると考えれば問題なく使用できます。

EQとダイナミックセクションのルーティングを切り替える

 例えばREQとRcompの2種類のプラグインをDAWで使用する場合、EQを先に通してからコンプを通すのかコンプを先に通してからEQを通すのかを変える場合はプラグインの順番を変える必要があります。

 その作業をRenaissance Channelではボタン一つで完了させられます。

 EQセクションとダイナミクスセクションの間にある「EQ➡Comp」というボタンを押すことで、音を流すルーティングを変更できます。

  • EQ ➡ Comp:EQに通してからコンプを通す。
  • Comp ➡ EQ:コンプに通してからEQを通す。

サイドチェーンセクション

 Renaissance Channelでは、コンプレッサーとGateがそれぞれ独立したサイドチェーンを持っていて、指定した周波数の音量を元に、どのくらいコンプやGateを掛けるかを設定できます。

 このとき注意するのは、Renaissance Channelはマルチバンドコンプではないので、コンプやGate自体は全ての周波数に均等に掛かるという点です。

 サイドチェーンは、あくまで圧縮量を決める目安になる周波数帯域を選択するものだと覚えておいてください。

サイドチェーンのソースは3つのオーディオから選べる

 サイドチェーンのオーディオ(ソース)は次の3つから選べます。

  • int・・・ダイナミクスセクションのオーディオ入力をサイドチェーンソースに利用する(PostEQの場合はEQが掛かった音がソースになる)。
  • PreEQ・・・ダイナミクスセクションがPostEQ設定の場合、EQが掛かる前のオーディオをサイドチェーンソースに利用する。
  • Ext・・・別のトラックのデータをサイドチェーンソースとして利用する。

コンプレッサーのサイドチェーンをONにする

 サイドチェーンセクションは上下2段に分かれていますが、上半分の1行がコンプレッサーに関する項目になっています。

 コンプレッサーのサイドチェーンをONにするには、Filterという文字の下の「Comp」というボタンを押してオレンジ色に点灯させます。

 ONにするとモニターに次のようなオレンジ色の線が表示されます。

バンドの種類を変える

 バンドの種類は「Type」をクリックして4種類から選択できます。

バンドの幅を変える

 サイドチェーンとして利用する周波数の幅は「BW」という箇所で設定できます。

バンドの周波数を変える

 サイドチェーンとして利用する周波数を変えたい場合は「Freq」の値を変更します。

サイドチェーンオーディオの音を確認する

 設定値はモニターにオレンジ色の線として表示されますが、これだけだと少しわかりづらいですよね(?)そんなときは、一番右側「Listen」を点灯させることで、サイドチェーンとして利用される音のみを聴いて確認できます。

Gateのサイドチェーン設定

 Gateのサイドチェーン設定は下半分で、コンプと同様の手順で行います。

 Gateの設定値はモニター上に次のような水色の線で表示されます。

位相の反転スイッチ

 Renaissance Channelはチャンネルミキサーというだけあって位相の反転ボタンが付いています。位相の処理が必要な際はこの機能を活用しましょう。

パン振り設定

 一番右下にある「>0<」マークは叫んでいる顔文字ではなくパン振りの設定フィールドです。

 初期状態では「0(センター)」になっていて、お好みで左右にパンを振ることができます。

最終出力の調整

 EQやコンプを掛けたあとの最終調整は「アウトプットGAIN」で設定します。

 EQとコンプを別のプラグインで掛ける場合にはGAIN設定も二度手間になってしまうので、その点Renaissance Channelは時間短縮ができて便利です。

まとめ

  • Renaissanceシリーズのチャンネルストリッププラグイン。
  • 4バンドのRenaissance EQが搭載。
  • Gateエキスパンダー機能を搭載。
  • コンプレッサーは「RComp」と「RVox」を切り替えて使用可能。
  • リミッターが搭載されているのでクリップする心配がない。
  • GateとCompには個別にサイドチェーンが搭載されていて、Gateやコンプが反応する周波数帯域を指定できる。
  • 出力セクションでは「位相の反転」や「パン振り」の設定もできる。
  • 1つのプラグインに機能がまとめられているので、プラグインラックを節約できる。
  • RVoxモードでもアタックとリリースを調整できる。

 皆さん、Renaissance Channnelがこんなに便利なプラグインだって知っていましたか(?)

 最初は見た目が複雑なので躊躇してしまうかもしれませんが、使い始めればいくつもプラグインを開く必要がなく簡単な作業を終えることができるのでとても便利なプラグインです。

 WAVES Platinumバンドル以上のバンドル製品や、Renaissance Maxxバンドルをお持ちの方は是非活用してみてくださいね^-^ノ

 これから購入を検討の方はこちらの比較表がおすすめです↓

Wavesバンドルを比較!製品を表と図でわかりやすく解説
 これからWavesプラグインを購入しようと考えている方は、数多くあるWavesのバンドルの中からどの製品を購入しようか迷っているのではない...

 Renaissanceシリーズ解説のもくじ↓

WAVES Renaissanceシリーズプラグインの使い方(もくじ)
 今までにRenaissanceシリーズプラグインの使い方をいくつか紹介してきたので、今回はRenaissanceシリーズ全体ではどんなプラ...
関連の記事♪

関連の記事♪

フォローする