ピアノ伴奏ってどうやるの?パターンと作り方の基本をすべて紹介!

 曲の伴奏でよく登場するピアノですが、いざピアノで伴奏を作ろうと思うとどうやって付ければ良いのか迷ってしまうという方も多いはず💡

 そこで今回はピアノ伴奏パターンの作り方から練習方法まで、伴奏を作るのがはじめてという方でも簡単にできるピアノ伴奏の作り方を紹介していきます^-^ノ

 コードを見ただけでささっと即興の伴奏を付けたいという方もこの方法を学べばギターのように簡単な弾き語りができるようになりますよ💡

 ※この記事は初心者の方向けに書いていますが、1日ですべての工程をクリアするのではなく、1つ1つのパターンを何日もかけて習得していくことを想定して構成しています。

 

指番号について

 伴奏パターンに入る前に、これから紹介する楽譜に書いてある指番号の見方について紹介しておきます。

 ピアノの楽譜では親指を(1)として(5)番までの数字を使って鍵盤を押す指を表す慣習があります。数字が縦に重ねられている場合、上にある数字が高い音下にある数字が低い音の指番号を表していることを覚えておきましょう💡

 指番号は参考程度で絶対的なものではなく、手の大きさなど条件によって自由に変えても良いものなので試しながら良い運指を見つけてください。

 ちなみにバイオリンでは(0)〜(4)という表記になっています(親指で弦を押さえないため)。

まずは左手のオクターブでリズムパターンを作ってみよう!

 まずはピアノ伴奏で一番基本となる左手オクターブ伴奏の作り方です。左手小指と親指を使って表拍のリズムを刻む練習をしてみましょう。

左手オクターブ+5度のパターン

 次は先程の音に5度の音を加えてみましょう。Cコードの5度の音は(ソ)なので、ここではソを加えています。

 1度と5度の音は伴奏では多用される基本パターンとなるので、まずは左手でこの組み合わせを自由に弾けるように練習しましょう。

コードを進行させて練習してみよう

 先程と同じパターンで、今度はコード進行も含めて練習してみましょう。

パターンを変えて演奏してみよう

 ちょっとややこしいですね、でも曲によっては様々なリズムがあるのでこのように複雑なパターンも理解できるようになっておく必要があります。

右手でリズムを刻んでみよう

 今までは左手を活発に動かしてリズムを刻んいましたが、実際の曲の中では左手は弱く(右手よりも目立たないように)演奏します。

 ということで右手でリズムを刻む練習をしていきましょう💡

両手を使ってリズムパターンを作ってみよう

 今までは左手だけ、右手だけを使ってリズムパターンを作っていましたが、今度は両手を組み合わせてリズムパターンを作ってみましょう。 

5度の音を加えてリズムにも変化を付けたパターン

 曲の中では一定のリズムだけを刻むだけでなくメロディに合わせて変化が求められます。5度の音も加えてリズム変化をつけたパターンを練習してみましょう。

コードのつなぎ目に装飾音を入れて対旋律的に仕上げる

 合唱曲や、他の多数の楽器が活躍する曲などでは、ピアノが単調なリズムを刻んでいる曲も多く、それがまた良さであったりもするのですが、ゆっくりなテンポでピアノを全面に出す曲となると作り方が少し変わってきます💡

 ピアノ伴奏では、ピアノがリズムから対旋律まですべてを担うので、上の例のように、コードのつなぎ目に非和声音である装飾音(経過音)を入れて滑らかに繋いだり、最初に紹介したように左手でリズムを刻みながら右手で対旋律を入れたりしながらピアノのメロディを伴奏の中に埋め込んでいくとゆっくりとした曲でも単調にならずに繋ぐことができるので挑戦してみてください。

 さらに、5小節目では、白玉(長い音符)を使って動きを止めている箇所も取り入れていますが、このようにずっと動かしっぱなしではなくメリハリを付けるという伴奏もおすすめです💡

右手にアルペジオを取り入れたパターン

 今度は右手でアルペジオを取り入れたパターンを見てみましょう。

 左手はものすごく単純な白玉でもきれいに聴こえるので初心者向けのアレンジにおすすめなパターンで、右手のアルペジオは重音(和音)を取り入れてもOKです💡

 さらに左手の白玉を重音にしてもOK?

 また、pでは割と静かに聴こえるので曲の序盤や静けさを演出したい場所にテンションコードを混ぜて使うとおしゃれな響きになります。

広い音域を使ったアルペジオ&クリシェのパターン

 このように広い音域を使ったアルペジオを取り入れることもあります。ここではさらに左手のバスにクリシェを取り入れています。

 クリシェというのはコードを転回形にして階段状に音が繋がるようにする手法のことです💡

 アルペジオは右手だけでなく、左手で入れることもできて2オクターブ以上の音域を使ったアルペジオが使われることもあるので好きな音域で自由に取り入れてみてください。

白玉の重ね方のルール

 長く伸ばす音を重ねる際には、響きが濁らないための簡単なルールがあります💡

 簡単にいうと、重音の中で2つ以上存在してもきれいに響く音はコードの根音(Root)第5音ということを覚えておきましょう💡

 ※ただしこれは長く伸ばしたりお互いが強く影響し合う場合のみで、アルペジオや経過音で一瞬だけ重なることは全く問題ありません。

コードの第3音は重複しないように重ねるのがコツ!

 例外もありますが、音を重ねる際には第三音の音(上の例ではミ)の音が1つだけになるように重ねるときれいな響きを得ることができます。

 例外は「VI(ハ長調ではAm)の時」と「第一転回形で第3音がボトムノートになっていてさらにコードが副三和音(II、III、VI、VII)の時」です。

導音や7th、テンションノートは重複させない!

 コードの第3音でもある導音ですが、特に強いキャラクターを持っているため長い音で重複させると音が濁る原因になります。

 セブンスやテンションコードについても同じで、キャラクターが強いため長い音で重複させると響きが濁るので気をつけましょう。

ピアノ伴奏パターンと作り方のまとめ

  • 一番簡単なピアノ伴奏の基本は「左手でオクターブ+5度」を作って右手のコードと一緒にリズムをとるパターン。
  • 程よく白玉を取り入れたり、曲の始まり部分や静かな部分では狭い音域の中で伴奏をしてみたり、アルペジオを取り入れてみたり、伴奏の中に対旋律を含めてみたりする。
  • 白玉で音を重ねる場合、第三音や導音、7th、テンションノートは重複させると音が濁るので避ける。
  • 基本はとにかく左右の手を使ってメロディのリズムに合わせることが一番大事!

 いままでピアノ伴奏の仕組みがよくわからなかった方や、即興で色んな曲を弾き語りしてみたいという方は、今回紹介した方法で伴奏を付けていけば簡単に伴奏をつけることが出来るようになります💡

 また、ピアノの伴奏付では実はリズム感もとても重要で、伴奏は出来るようになったけれども何故かメロディにうまく合わない、という方はリズム感を付ける練習をしてみるとよいと思います^-^ノ

フォローする