プリディレイ計算機 ver.1.1

 このページでは空間を直方体として考えた時、6面からの初期反射が直接音に対してどの程度遅れて届くか(プリディレイ)を空間サイズや楽器、マイクの座標を元に計算できます。

データ入力欄

ホールサイズ(幅・高さ・奥行き)の設定

ホールの幅: m  ホールの高さ: m  ホールの奥行き: m 

音源位置の設定(座標)

x: m  y: m  z: m 

マイク位置の設定(座標)

x: m  y: m  z: m 

ソフト制作・開発メンバー

企画制作:Yugo°

制作協力:Co-write Free Tree – Nobunaga

バージョン情報

  • ver.1.1(2017/8/5):Wet/Dry計算機能を追加。
  • ver.1(2017/7/23):初期バージョン。

プリディレイ計算機の使い方

 プリディレイ計算機の使い方については以下のページをご覧ください。

もうリバーブのプリディレイ値で迷わない!?プリディレイ計算機を作ってみた&使い方について
 リバーブの設定値にプリディレイというのがあります💡  プリディレイとは初期反射(1回だけ壁に反射してマイクへ届く音)がマイクに届くま...
 
 

シェアする

フォローする