Yugo(筆者)のプロフィール♪

「劇伴作家・サウンドデザイナー」のYugoです^-^ノ
音楽家としては映像や舞台音楽のスコア製作、演奏をメインに、ときに海外国際映画祭のレッドカーペットを歩いたり💡細々と活動しております(o'ω'o)

「ブログ」「YouTube」では、音楽の実験やVLOGなどを配信中💡
(劇伴作家/サウンドデザイナー/作曲家/日本音楽著作権協会会員)

【2023年】ミックスにも使える!?おすすめDTM用モニターヘッドホンTOP4!

 今回はDTMでミックスにも使えるおすすめのヘッドホンTOP3を紹介します!!

 音楽制作といえばスピーカーが定番ですが、どうしても大きな音が出せない事情があってモニターヘッドホンを使いたい!という方も多いはず!?

 そこで、数あるモニターヘッドホンの中でもミックス用途に使用できるヘッドホンを厳選して4つ選んでみました💡

第1位 SONY MDR-7506(DTM史上 コスパ最高!)

音質・解像度とてもクリアで綺麗
奥行きがよくわかる
重さ230g
装着感★★★★★
耐久性★★★★★
価格11,180円
タイプ密閉型ヘッドホン

 SONYというと、日本ではMDR-900STが有名で、この青いヘッドホンを見たことがある方は少ないかもしれません

 でも実は、海外ではこちらのMDR -7506方が定番!

 このヘッドホン、セリーヌディオンがレコーディングで使用するくらい、レコーディング現場でも当たり前に使われる一方、とても奥行きがわかりやすく、ミックスにもよく使われているヘッドホンなんです

 900STのイメージを持っている人は、音がへばりつく印象が忘れられないかもしれませんが、こちらは全く別物!

 ぜひ皆さんに一度試していただきたいのですが、このヘッドホン、とても素晴らしい音場です!!!

 こんな素晴らしいヘッドホンが、たった10,000円ほどで購入できてしまうなんて、こんなコスパの良いヘッドホンありませんよ!?

 ということで、こちらのヘッドホン、ダントツ1位でございます👍

第2位 AKG K712(おとなしくバランスが良くて万人向け!)

AKG Reference Studio Headphones  K712PRO 【国内正規品】

音質・解像度とてもクリアで綺麗
重さ235g
装着感★★★★★
耐久性★★★★★
価格43,890円
タイプ開放型ヘッドホン

  K712はオーストリアの人気メーカー「AKG」から発売されているモニター向けに開発されたヘッドホンで、開放型のためかなりスピーカーに近い音が出ます。

 解像度もかなり高く、細かい音までしっかりと聴こえ、音の奥行きまでわかるので耳を慣らせばミックス用途としても利用できる数少ないモニターヘッドホンです。

 また側圧が弱く、この手のヘッドホンにしては軽めなので長時間の作業でも疲れにくいところもポイント!

 リケーブル可能なので好きなケーブルを選んだり、ケーブルに寿命を左右されないところも長持ちの秘訣です。

第3位 Victor HA-MX 10-B(価格がお手頃!)

JVC HA-MX10-B 密閉型ヘッドホン スタジオモニター ブラック 

音質・解像度ビクタースタジオの音を再現
重さ260g
装着感★★★☆☆
耐久性★★★★☆
価格9,744円
タイプ密閉型ヘッドホン

 言わずと知れた大手ビクタースタジオが監修して、そのスタジオの音を再現して作られたというまさにミックス用途に作られたモニターヘッドホンです。

 このヘッドホン、音はとても良いのですが密閉型ということもあって側圧がかなり強め!

 さらに見た目より重いので長時間使用すると疲れると思います。

 それでも自宅で、あの有名なビクタースタジオの音でミックスしてみたい!という方には価格もお手頃なのでおすすめです!

第4位 Beyerdynamic DT 880 Pro(作業でワクワクしたい人向け!)

【国内正規品】beyerdynamic セミオープン型オーバーヘッドヘッドホン 業務用 DT 880 PRO

音質・解像度とてもクリアで綺麗
重さ295g
装着感★★★★☆
耐久性★★★★☆
価格36,288円
タイプセミオープン型ヘッドホン

 こちらはアメリカで人気のあるBeyerdynamicのセミオープン型モニターヘッドホンで、業務用途に作られたプロ仕様ヘッドホンです。

 セミオープンなので音がきれいに抜けて空間がよく分かり、さらに解像度が高く細部まで聞き取ることができてキレがあってハキハキと聴こえます。

 装着感は柔らかいパッドが付いていて耳が包み込まれる作りになっているので側圧が気になることはなく、実際重量は重いのですがあまり重さを感じさせない設計になっていて装着感も程よくとても使いやすいです!

 アメリカンな音に憧れている方におすすめ!

3つのおすすめモニターヘッドホンを比較

 1位:MDR-75062位:AKG K7123位:Victor HA-MX 10-B4位:Beyer DT 8880 Pro
画像AKG Reference Studio Headphones  K712PRO 【国内正規品】JVC HA-MX10-B 密閉型ヘッドホン スタジオモニター ブラック【国内正規品】beyerdynamic セミオープン型オーバーヘッドヘッドホン 業務用 DT 880 PRO
価格11,180円43,890円9,744円36,288円
重さ230g235g260g295g
装着感★★★★★★★★★★★★★☆☆★★★★☆
耐久性★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★☆
タイプ密閉型開放型密閉型セミオープン型

総合バランスで選ぶなら MDR-7506!

 この価格でこんなに素晴らしいヘッドホンが他にあるでしょうか!?

 これからDTMを始めるという方がいたら、まず最初にお勧めしたいヘッドホンがこちらです!

 もちろん、すでに上級者の方にも、こちらのヘッドホンは非常にオススメできる逸品ですので、まだ持ってないと言う方は、自宅スタジオにぜひ1つ置いてみて下さい。

 レコーディングにもミックスにもノイズ探しにも使えます👍

装着感で選ぶなら「AKG K712」がおすすめ!

 長時間作業をする方で、装着感が良くて軽いほうが良い!という方は「AKG K712」がダントツでおすすめです!

 モニターヘッドホンとしては側圧も弱く、耳あても大きくて柔らかいウレタンが使用されているので耳が痛くなるという心配がありません

価格で選ぶなら「Victor HA-MX 10-B」がおすすめ!

 音質は良いモニターヘッドホンが欲しいけど、価格は抑えたい!という方はVictorのHA-MX 10-Bがおすすめです!

 価格は安くてもVictorスタジオの本格的なサウンドが手に入るので、安くて音質を求める方はこのヘッドホン一択!

耐久性で選ぶなら「AKG K712」がおすすめ!

 AKG K712の良いところは、やはりケーブルを交換できるところです。

 モニターヘッドホンは長期に渡って使用しているとケーブルが傷んできますが、リケーブルできないタイプですとそこで寿命となります。

 しかし、AKG K712では傷んだケーブルを交換すればいつまでも使用することができる上に、好きな長さのケーブルを選んだり、好きなメーカーのケーブルを選ぶこともできるので選択の幅が広がるのも嬉しいポイントです。

まとめ

 今回は3つのモニターヘッドホンを紹介しましたが、皆さんの気になるヘッドホンは見つかりましたか?

 電気屋さんにはこの他にもたくさんのモニターヘッドホンが並んでいるので、実際に手にとって見たり、試しに付けてみて気に入った機種を選んでみてくださいね^-^ノ

 選び方のポイントは音質もそうですが、やはりDTMでの作業は長時間になることもあるので、装着した時に楽な製品を選ぶのがポイントです💡

タイトルとURLをコピーしました