ギターコード表(指板表)の配布♪ 初心者にもわかりやすい!調ごとのコード表付き!

楽器練習

 ギターの練習をするとき、ただコードがまとめられたギターコード表だけでなく「調ごとに頻出するコードをまとめたギターコード表」が欲しいと思ったことはありませんか?

 実は以前、読者の方から「見やすいギターコード表が欲しい!」と言う要望をいただいたので、一般的によく紹介されているコード表に加え、頻出のコードをすぐに見つけられる「調ごとの頻出コード表」を密かに作成しておりました💡

ということで!?

 今回は初心者のギター練習に最適な「ギターコード表 2種類」をギター初心者の皆さんに配布したいと思います^-^ノ

Yugo
Yugo

見やすい高解像度なデータで配布中💡

クリックすると拡大表示できるよ♪

調ごとに頻出コードをまとめたコード表♪

 こちらは調ごとに頻出するコードをまとめたギターコード表です💡

 例えば、G調の練習をする際、全く関係のないコードがたくさん並んだ表からコードを探すよりも、よく使われるコードの一覧から探したほうが効率よく学習できます💡

Yugo
Yugo

今回はギター練習を簡単にするた「ダイアトニックコード&変化形」「他のノンダイアトニックコード」に分けてまとめているよ💡

【使い方1】ダイアトニックコードと「変化形」を機能別に色分け♪

コード機能別に
色分け済み!

 このコード表の中では、調の中でのコードの役割を次のように6つの色別でまとめています💡

  • 赤色 :調の「 I 」のコード(ハ長調ならC)【T】
  • 黄緑色:調の「 II 」のコード(ハ長調ならDm)【S】
  • 赤紫 :調の「 III」 のコード(ハ長調ならEm)【T・D(第1転回)】
  • 黄色 :調の「 IV」 のコード(ハ長調ならF)【S】
  • 紫色 :調の「 V」 のコード(ハ長調ならG)【D】
  • ピンク:調の「 VI」 のコード(ハ長調ならAm)【T】
 基本的に「トニック(T)は赤色系」「サブドミナント(S)は黄色系」「ドミナント(D)は紫系」でまとめているので、既にコードに詳しい方は意識しながら練習してみて下さい💡
 
ダイアトニックコードとは?

  • 「ダイアトニックコード」とは、調の構成音を根音(ルート音)とするコード群のこと!
  • ハ長調なら「C、Dm、Em、F、G、Am、Bφ」の7種類!

【使い方2】その他頻出の「ノンダイアトニックコード」も掲載♪

借用和音も
頻出を厳選!

 さて、曲の練習をしていると、「ダイアトニックコード以外のノンダイアトニックコード」もよく登場します💡

 今回は詳しい解説は省きますが、実は、これらのノンダイアトニックコードも調によって登場しやすいコードがある程度決まっているのです💡

初心者向けのコードを選びました!

 あまり多くのコードを掲載しても表が見づらくなってしまうので、頻出のコードを厳選してまとめたのでご活用ください^-^ノ

【おまけ】指名で練習したい方向けのコード表!

 こちらは「最初に紹介したものと同じコード表」ですが、指番号ではなく「人」「中」「薬」「小」など、押さえる位置を指の名前で記したバージョンです💡

 お好みで使い分けてください^-^ノ

楽器練習ギター