ギターストラップの付け方&向きはどのように決めるの?

 初めてギターを購入して、ギターストラップを選んでいざつけようと思うと、どうやって付けたら良いかわからない!?なんてことはありませんか?

 今回は一般的なエレキギターやベースはもちろん、アコースティック・ギターへのストラップの付け方、そして誰もが一度は悩むストラップの前後の向きはどのように決める?についても紹介していきたいと思います^-^ノ

 
 

エレキギターやベースへのストラップの付け方

 まずはエレキギターベースなど、ホディ部分にストラップピンが2本付いている場合の付け方について見ていきます💡

 エレキギターやベースは、ボディ部分に“2箇所”ストラップピンが取り付けられています。上の図を参考にしながら、どちらが前側か後ろ側かを確認しましょう💡

ストラップの穴にストラップピンを通して取り付けてみよう

 ストラップ側には、ギターのストラップピンを通す穴が空いています。それではストラップピンを穴に通して取り付けてみましょう💡

このような付け方になっていればOK

 ストラップピン全体がしっかりと通って、このような付け方になっていればOK!2箇所とも取り付けてみましょう💡

 ストラップピンを通しただけで外れてしまいそう!と心配な方はストラップロックという太い輪ゴムを掛けておくと外れる心配がぐっと減ります💡

アコースティックギターへのストラップの付け方

 アコースティックギターの場合、本体が軽いため腹側(前方)にくるストラップをネック部分に取り付けたほうが重心が取りやすく演奏しやすいと言われています💡

取り付け後のイメージはこんな感じ

  ストラップを取り付けるとこのようなイメージになります💡エレキギターやベースとは少し雰囲気が違いますね💡

ネック部分に取り付けるために紐や革ベルトを使用する必要がある

 アコースティックギターのネックにはストラップピンは付いていませんので、ネック部分に巻きつける革ベルトを用意したり、紐を巻き付けてストラップと結んで取り付けます💡

 どちらの方法でも構いませんが、革ベルトのほうが丈夫で扱いやすいですね💡ベルトに金具がついていてストラップを挟み込んで止めるだけしっかりと固定されるので今まで外れたことはありません💡

 上の写真の例ではRightOn STRAP LINKを使用しています💡

ギターストラップの向き(前後)はどうやって決めるの?

 ギターストラップの向きの決め方には諸説ありますが、一般的には何かしらのロゴが付いている方が前にくるように取り付ければOK💡

 メーカー側の気持ちになってみれば、演奏中に観客から見えやすい位置に自社のマークが見えるほうが宣伝になりますからそのように作られていることも想像できます💡

プラスチックや金属製のアジャスターが付いている場合はアジャスターが前になる向き

 また、ストラップによってはロゴが付いていないものもあるかもしれませんね!? そんな時はベルトのアジャスター部分に注目して向きを決めましょう💡

 一般的に綿やナイロンや製のストラップにはプラスチックや金属製のアジャスター(長さを調性する器具)が取り付けられています。

 革製以外のストラップでこのようなアジャスターを見つけた場合、アジャスターが前にくるように取り付けましょう💡

アジャスターが当たって肩や背中が痛い!という場合には向きを代えてしまってもOK

 ギターストラップの長さ調整は使用する人の体格によっても変わってきます。

 その長さによってはアジャスターのプラスチック部分がちょど肩や背中にあたって煩わしさを感じたり、痛みが生じることもあるかもしれません

 そうなったら、前後の向きが!ロゴが!とこだわるよりも、向きを変えて快適に演奏できるように変えてしまっても良いと思います💡

 一番大事なことは、演奏のしやすさですどんな状況でもこれは忘れずに👍

ギターストラップの付け方&向きはどのように決めるの? のまとめ

  • エレキギターやベースなど、ボディ部分から2箇所のストラップピンが出ている場合、そこへストラップを取り付ける
  • ストラップの付け方は、ストラップの穴へストラップピンを通すだけ
  • アコースティックギターでは本体のエンドピン部分が1箇所と、もう片方はネックに取り付けると重心が取りやすく演奏しやすい
  • アコギのネックにストラップを取り付ける場合には革ベルトや紐を結んで接続する
  • ギターストラップの向きを決める際には、ロゴが付いている方を前にする
  • ロゴが付いていない場合には、プラスチックや金属製のアジャスターが前に来るように向きを決める
  • 実際に使用してみてアジャスターが肩や背中にあたって違和感を感じるようであれば前後の向きを変えてしまってもOK

 ストラップの付け方!の記事をご覧になっているということは、今、皆さんはこれからギターの練習を始めようと考えているとても楽しい時期かもしれませんね💡

 既にストラップをお持ちの方も💡これから購入しようと考えている方も💡快適なギターライフをスタートしましょう^-^ノ