世界一わかりやすい!5弦バンジョーレッスン!プリングオフ練習編!

 前回までのスライド練習ハンマリング練習に続いて、今回はバンジョーのプリングオフの練習へ進みましょう💡

 プリングオフとは、弦を押さえた状態でピッキングをした後、押さえた指でさらに弦を引っ掛けつつ離して音を出す演奏方法です。

 1度のピッキングで2つ以上の音を出せるため、使いこなせるようになるとハンマリングと同様に速いフレーズを楽々弾けるようになります💡

 バンジョーは弦が柔らかく、ギターと比べてもプリングオフがやりやすいので早い段階で習得してしまいましょう^-^ノ

 
 

プリングオフの基礎を学ぼう

 まずはプリングオフがどのようなものかを学びましょう💡

 弦を押さえた状態でピッキングをして、その押さえている指で弦を引っ掛けながら離して弾いて2つ目の音を出すのがポイントです💡

 今回から運指は指番号のみを記載して日本語では表記しないことにします💡指番号の見方がわからない方は基礎編で読み方を紹介しているので復習してください💡

プリングオフの基本

  1. まずは弦を押さえて通常通りにピッキング
  2. ピッキング後、弦を押さえている指で弦を引っ掛けるように弾く(弓を弾くように)

プリングオフを使ってパターンを練習してみよう

 プリングオフがどのようなものかわかったところで、プリングオフを使ったパターンを練習してみましょう💡

 プリングオフは今後も頻繁に使用するので弾きこなせるようにしっかりと練習しておきましょう💡

プリングオフを使って簡単なメロディを弾いてみよう

 それでは、今回学んだプリングオフを使って簡単なメロディを演奏してみましょう💡プリングオフが曲中でどのように使われているのか感覚がつかめればOK

次回はG Lickの練習編へ

  • プリングオフのやり方は、まず弦を押さえてピッキングをして、その後押さえている指で弦を引っ掛けるように弾くのが基本。この時、弓を弾くようなイメージを持つと分かりやすい
  • プリングオフを使うと速いフレーズが楽に弾ける
  • 最初はゆっくりと確実に、徐々にテンポを上げて正確に弾きこなすことが重要

 バンジョーは弦が柔らかいので、既にギターなど他の弦楽器をやったことのある方ならとても弾きやすいと感じたのではないでしょうか💡

 さて、今回でバンジョーの基本的な奏法である「スライド」「ハンマリングオン」「プリングオフ」までを終わらせることができました💡

 次回はバンジョーでメロディの終わり部分などによく使用する定番フレーズ「G Lickの練習編」へ進みます^-^ノ

おすすめのバンジョー教本3選

★超定番
Earl ScruggsのBluegrass
メロディ即興などに強くなる
Reno&メロディックスタイル
バンジョーソロアレンジ集曲
バンジョーのソロ曲がたっぷり

 5弦バンジョーの3フィンガースタイルを確立したEarl Scruggs本人が執筆した伝説の名著
 バンジョー弾きならほぼ全員が手にする定番中の定番教本

 Earl Scruggsスタイルの学習が終わった方が「Renoスタイル」や「メロディックスタイル」などメロディの学習を進める際に役立つ教本

 Bluegrassを始め、民謡やラグタイム、ポピュラーなどがバンジョー用に編曲された人気の曲集

 基礎を学んだ方が、様々なジャンルの曲をバンジョーアレンジするとどうなるか学習するための教本

初心者向け 初心者~中級者 上級者向け