ドブロギター(リゾネーター)初心者向けのチューニング方法や指板表、スケール練習やおすすめのスライドバー、ピック、学習方法など!

 今回は、リゾネーターギターを購入してみたけどどうやって練習すればよいのかわからないという初心者の方に向けて、一般的なチューニング方法からスケールの練習方法、コードの鳴らし方、おすすめのスライドバーやピックなどを紹介していきます💡

 日本ではなかなか人口や習える教室も少なく、学習方法を模索している方も多いと思いますが、そんなドブロを本気で学びたいと考えている方に!揃えるべきものと学習方法を紹介していきます^-^ノ

 
 

ドブロをオープンGチューニングでチューニングしてみよう

 まずはドブロギターをオープンGチューニングでチューニングしていきましょう💡オープンGチューニングはドブロギターで最もよく使われる基本的なチューニングです。

 ドブロでは他にもいくつかチューニング方法がありますが、まずは基本となるオープンGチューニングで自由に演奏できるように練習を進めるのが基本となります。

 ※一般的なギターのオープンGチューニングとは5弦、6弦のチューニングが異なるので注意しましょう

音を聞きながらチューニングをやってみよう

 ここでは1弦〜6弦までの音程を聴けるように音源を用意しておきました💡チューナーと合わせてチューニングに活用してください。

1弦

2弦

3弦

4弦

5弦

6弦

ドブロギターのオープンGチューニング指板表を見てみよう

 ご覧の通り、ドブロのオープンGチューニングでは「D B G D B G」と、DBGが2回繰り返されているので、実質3弦分の配置を覚えるだけでOKとても省エネなチューニングです💡

オープンGチューニングのスケール練習

 それではまずは開放弦を含めながらGのスケール練習を始めてみましょう💡

ハンマリング&プリングオフの練習をやってみよう

 ドブロギターでも、スライドバーを使ってハンマリングやプリングオフを演奏することができます。

 指板の「水色丸印」部分と開放弦を使ってハンマリングとプリングオフの練習をやってみましょう💡

プリングオフはバーを持ち上げるのではなく手前に引いて1本ずつ開放弦にする

 プリングオフは、このようにバーをずらして1本ずつ開放弦にすることで、弦の跳ね返りが強く音量が増し、さらに次の弦の音を素早く演奏することができるので、この方法も練習しておきましょう💡

ドブロ練習用の楽譜を使って練習を始めよう

 スケール練習が終わったら、次は実際の楽譜を使って練習を初めていきます💡日本で購入できる入門用の楽譜としては「The Gread Dobro Sessions」という教則本がおすすめ

 ブルーグラスの曲が多数掲載されていて1冊終えればパターンや技法などかなりの力が身につきます💡

入門書ならDobro Primerがおすすめ

 もしもドブロの入門書が1つ欲しい!ということであれば、「Dobro Primer」という入門書がおすすめ💡

 英語版ですが図解が多いのでほぼ英語が読めない方でも学習を進めることができますよ💡

ドブロのスライド演奏がいまいち?と思ったらスライドバーを変えてみよう

 ギターのスライド演奏といえば金属やガラス製のボトルネックを使った演奏が有名ですが、ギターを横において演奏するドブロギターでは、手で摘みやすいように加工された金属製のスライドバーを使用するのが一般的です💡

 スライドバーは様々な種類がありますが、本格的に始めるならドブロ奏者の間では定番になっているSHUBBのスライドバーを購入するのがおすすめ💡

 形状はもちろん!重量も重すぎず軽すぎず、弦に対して最適な圧力を自然と掛けられるように調整されていて使いやすいですよ💡

フィンガーピックはJim Dunlopの金属製が弾きやすくておすすめ

 サムピック、フィンガーピックにはプラスチック製や金属製などがあって、形も様々なものが発売されていますが、特に人差し指、中指に使用するフィンガーピックでは金属製のものがおすすめです

 プラスチック製のものはサイズも決まってしまっていて微調整ができず、また爪の長さも長すぎて違和感があったりするものが多いのですが、金属製のピックは自分の指に合わせて気軽に曲げて調整できるのでフィット感が全く違います💡

 特にJim Dunlopのフィンガーピックは爪も短めで、ピックを付けているときと、付けずに指で弾いているときとの違いがあまりなく演奏しやすいのでおすすめです

 指弾きになかなか慣れないよ〜という方はピックが原因かもしれませんので是非一度試してみてください💡

ドブロギター(リゾネーター)初心者向けのチューニング方法や指板表、スケール練習やおすすめのスライドバー、ピック、学習方法など! のまとめ

  • ドブロギターを始めるならまずはオープンGチューニングから初めてみよう
  • ドブロギターのオープンGチューニングは一般的なギターのオープンGチューニングとは異なるので注意
  • まずは開放弦を取り入れたスケール練習を始めてみよう
  • スケール練習が進んできたら練習用の楽譜を使って実際に曲の練習を始めてみよう
  • スライドバーはSHUBBのスライドバーがおすすめ
  • フィンガーピックはJim Dunlopの金属製のものがおすすめ

 日本ではまだまだ情報の少ないドブロギターですが、これから本格的に始めたいなら基礎を学べる教則本や楽譜を購入することもできます💡

 どのように練習を進めればよいか迷ってなかなか上達しないという方は、今回紹介した方法に沿って進めてみてください^-^ノ

フォローする