楽器の音域と息の持続時間について各楽器ごとに解説

 オーケストラで使われる楽器の便利な音域表、管楽器の息の持続時間を作成しました。

 楽譜の音域表はオーケストレーションの名著にたくさん載っていますのでそちらを参照していただいて、ここでは楽譜を読めない方にも鍵盤でわかりやすいものを公開したいと思います。

 ついでに管楽器については息継ぎなしで最大何秒くらい演奏できるのかについても書いたので作曲の際に参考にしてみてください^-^ノ

 ※ ちなみに奏者の腕や楽器の仕様によって最低音や最高音は変わってきます、どんな奏者でも楽に出る音域、その楽器の音色が一番活かせる音域で鳴らしてあげることが大切です。

 ※ 息の継続時間は最大で、という場合なので曲を書くときにはもっと頻繁に息継ぎを入れてあげましょうね(!) 特に f やタンギングが続くときは息継ぎ重要です。

 各楽器の移調度表については以前投稿した「移調楽器一覧と実音の早見表」をご覧ください。

移調楽器一覧と実音の早見表・記譜について♪
 オーケストラでいろいろな楽器を眺めていると「B♭」や「A」、「F」などがついた楽器を見かけます。これらは「移調楽器」といって記譜の音と実音...
 

この記事の目次だよ〜ŧ‹"((。´ω`。))ŧ‹"

木管セクション

ピッコロ( C管 )


 オーケストラの楽器の中で最も高い音を出すことが出来る楽器です。金管楽器がfで鳴っていてもこの楽器の高音だけはよく抜けて聴こえます。

 あまり長時間鳴ってると耳が痛くなりますのでアクセント程度に・・・。


息の最大持続時間(目安)

10秒、p25

ピッコロの音域

フルート( C管 )


 クラリネットとの和音(1:2)やオーボエとのユニゾンやオクターブにも相性が良い楽器です。ソロやアクセントとしても大活躍ですね(!)高音は小鳥のイメージで、中低音はちょっと和風な雰囲気を出すことも出来るそんな楽器です。

 木管楽器の中では特に肺活量が求められるので適度に休ませてあげましょう。


息の最大持続時間(目安)

10秒、p25

フルートの音域

オーボエ( C管 )


 葦のリードを2枚使ったダブルリードの楽器です。情緒溢れる音色が特徴で最近の映画劇伴などでもよく使われていますね。高音域は少し不安定なイメージなので特殊効果を狙わなければFlやClを使用したほうが無難かと思います。

 こちらはFlと比べると2倍ほど長く息が続きます。


息の最大持続時間(目安)

20秒、p45

オーボエの音域

クラリネット( B♭管 ・ A管 ・E♭管)


 リードを1枚使ったシングルリードの楽器です。吹奏楽では華形でバイオリン的な役割を担う楽器でもあります。木管楽器の中では大きな音量も出せる一方で弱奏も得意なので上手に使うと繊細な表現ができます。

 割と定番なんですが和音でClとFgの交叉法なんかを使うとクラシック〜でオーソドックスな響きが得られます。 


息の最大持続時間(目安)

20秒、p45

クラリネットの音域

バスクラリネット( B♭管 )


 さらに低音が出るクラリネットです。吹奏楽では毎度おなじみで使われていますね(!) 使い所としてはバスの補強であったりとか、オーソドックスな使い方としては例えばファゴットでは低音の弱奏が難しいので、静か〜に低音を鳴らしてあげたい時なんかにぴったりです。


息の最大持続時間(目安)

10秒、p

バスクラリネットの音域

ファゴット( C管 )


 リードを2枚使ったダブルリードの楽器です、オーボエと一緒ですね(!) 割とひょうきんなイメージ使われることが多いのですが、クラシックな響きをだしたければこの楽器をうまく活用しなければいけません。

 あまり目立たないようでかなり活躍している楽器です。


息の最大持続時間(目安)

高音:10秒、p25

低音:秒、p12

ファゴットの音域

コントラファゴット( C管 )

 全長はファゴットの倍の長さで、1オクターブ下の低音域をサポートする役割の楽器です。最低音はピアノの左端、B♭0がこの楽器の出せる一番低い音となります。


息の最大持続時間(目安)

高音:10秒、p25

低音:秒、p12

コントラファゴットの音域

金管セクション

ホルン( 主に F管 )


 まろやかな音色を出すことができるので木管楽器とよく溶け込みます。一方、低音の では力強いバリバリとした音色も出せる万能楽器です。

 さらに音域まで広いので作曲家にとってはとても使いやすい楽器です(!) 適度に役割を他の金管に入れ替えて休ませてあげましょう。高音域の弱奏や最低音域の演奏は慣れていないと難しいです。

 ちなみにホルンはベルが後ろを向いた状態で演奏するため、他の金管と比較すると直接音よりも反射音を多く含んだ音が聴衆に届くのでまろやかなぼやけた印象になります。金管の中では音量は少しだけ小さめです。


息の最大持続時間(目安)

高音:11秒、25

低音:秒、11

ホルンの音域

トランペット( 主に B♭管・C管 )


 トランペットといえば華やかな貴族のイメージ、でありながらも中低音の弱奏では少し切ないオーボエに近い印象を与えることもできます。

 ピストン式の楽器は押し込むと息の抵抗が変わるので1音1音がはっきりしていますね(!)  ちなみにこんなに小さな楽器ですが肺活量はかなり必要で、激しい演奏はかなりしんどいですが、金管楽器の中では比較的長く演奏出来る方です。


息の最大持続時間(目安)

高音:11秒、25

低音:秒、11

トランペットの音域

トロンボーン( B♭管 )


 トロンボーンといえばもう金管の力強さの代表のような存在で、簡単に言うとオーケストラ全体のボリュームと音色の調整を担っている楽器です(!)

 トロンボーンが上手だと全体が上手に聴こえるというか、トロンボーンの表現で伝えたい情景が180°変わってしまうといっても過言ではないくらい重要なセクションです。

 楽器が大きいので使う息の量はさらに増えます。ちなみにF管が付いているテナーバストロンボーンはFレバーを押すと管が伸びて低域が拡張します。


息の最大持続時間(目安)

高音:秒、18

低音:秒、

トロンボーンの音域

バストロンボーン( F管 )


 トロンボーンの管をロータリーによって延長できるようにして低音まで出るように改造した楽器。音域はとても広いですが高音域はトロンボーン同様あまり効果的ではないので他の楽器に任せて低音に専念したほうが良いと思います。


息の最大持続時間(目安)

高音:秒、18

低音:秒、

バストロンボーンの音域

チューバ( B♭管 )


 チューバはB♭管なのですがスコアには移調しないで記譜するのでご注意を(!) この巨大な楽器はとにかく息をたくさん使いますので、長い演奏なら他の低音楽器に任せたほうが良い結果を得られます。

 ちなみにマーチングで白い大きな楽器を目にすると思いますが、あの楽器はチューバをマーチング用に改造したスーザフォンという楽器で、マーチ作曲家で有名なスーザが自分で使いたいために開発されました。

 チューバの音域はバストロンボーンとほぼ同じです。


息の最大持続時間(目安)

高音:秒、10

低音:秒、

チューバの音域

弦セクション

バイオリン


 弦楽器の定番楽器(ヴァイオリン属)で、高音域を担当してます。演奏が難しいとされますが実は音は簡単に出るんですよ(!)ただ指板が短くて音程はミリ単位での指の位置の調整になるので奏者は位置感覚と音感で音程を即座に修正しながら演奏をしなければならない大変高度な技術が求められる楽器でもあります。

奏法がたくさんあって華やかさから不気味さまで幅広く表現することができてオーケストラでは大活躍です。

 ソロや四声体としての機能のほかペダルポイントなどもよく担当してますね(!)あとはセクションを2つのパートに分けて演奏するdiv.という方法もあります。(よく使います)

 ちなみに弦楽器は構造上弦の最低音より下の音はでません。たまに緩めれば良いと考える方もいるようですがそれは現代音楽的な考え方で、バイオリン本体の中には魂柱という接着されていない柱が入っているのですが、弦を緩めるとこれがずれたり外れる原因にもなりますので避けたほうが良いです。


バイオリンの音域

ビオラ


 バイオリンよりも一回り大きくて音色は少し鼻声のような曇った情緒的な響きをしています。主に内声を担当することが多くあまり目立った存在ではないのですが、たまにメインとなる場面もあります。

 ちなみにロマン派以降のオーケストラ配置の場合ビオラは右側に配置されるため、楽器の向きは聴衆とは逆方向になるため音色は残響音の割合が増えます。内声としてぼかして使うのが前提な配置のような気もします。


ビオラの音域

チェロ


 音色はバイオリンと比べてかなり暗めで情緒的、ソロを担当する機会も多くて人気の楽器です。

 オーケストラでもバイオリンと比べて人数が少ないためはっきりとした音色がそのまま届くのでその対比をうまく取り入れている曲も多いです。

 バイオリンやビオラが肩に乗せて演奏するのに対してこの楽器は床から縦に置いた状態で演奏するので、右側に置いても音は前に届きやすくなります。


チェロの音域

コントラバス


 コントラバスは今まででてきた弦楽器の中でも起源が少し異なる楽器です(ヴィオール属)。

 チェロとの違いはペグが機械式で後ろ側に向いている点が異なります。肩の違いなどもありますがたまになで肩でないコントラバスも存在するので^-^;

 吹奏楽やジャズなどでも大活躍でpizz.で演奏されることも多いなど独自のポジションが確立されている感じがあります。


コントラバスの音域

まとめ

 今回はオーケストラの楽器について、音域や息の持続時間など作曲に役立つ情報をまとめてみました。

 楽器によって演奏しづらい音域や、出せない長さがあるのでこの記事を参考にしていただければと思います^-^ノ