EQ 使い方のコツとボーカルや楽器別にまとめたEQマップ

 今回はミックスでよく使うイコライザー(EQ)について書いていきます。

 一番難しいエフェクトは「コンプレッサー関係のプラグイン」と巷ではよく言われていますがEQもかなり奥が深いもので、音色の調整から音圧上げの際にまで大きく影響します。

スクリーンショット 2016-06-19 16.11.57

 ご覧の皆さんの中には、EQについてなんとなくこの周波数を削ると良いと書いてあったので削ってみよう、本に載っている設定をそのまま使ってみよう!ルンルン♪、という感じでEQを使っている方も多いのではないでしょうか。

 それらが全て間違いではないのですが、今回は、なぜそのような設定にしているの?というところに焦点を当てて、付録の「よくわかる音源別EQマップ」を参照してお手元の音源と照らし合わせながら理解を深めていきましょう。

EQの使い方

 EQの使い方としては次の2つの目的があります。

① 音色を作るためにEQを使う。

② 余計な音(不快な音、必要のない音)をカットして他の音源にマスキングされないようにする。

① 音色を作るためにEQを使う

 シンセサイザーのフィルターと使い方が似ていますが、例えばキックドラムのドンッという音をもっと強調したいときや、パンっという高いアタック感が少し足りないと感じた時など、まずは音を作るためにEQを使ってみましょう

② 余計な音を削るためにEQを使う

 楽器ごとに、「一番特徴を付けたい音が含まれる周波数」と、「もわもわしたりキンキンする音」など、重要な音と不必要な音があります。

 どの音が重要かは、音楽のジャンルや好みによって変わってくるので、必ずしもこの周波数がいつも重要、不要、という決まった値があるわけではありません。

 その都度イメージに合った音を残すようにEQで削っていくという使い方です。

どうやって理想の音を作るの?

 EQを使って音を作るために本来は、どういった音が欲しいのか?という最終的に作りたい音のイメージを持つことが大切です。

 しかし最初からそうやって音を作っていくのはなかなか難しいものですよね。

 そこで今回は目標となる音のイメージを作りやすくするため、「EQで作れる音の候補」と「その周波数」を楽器別にまとめてみましたので参考にしてみてください。

 EQのかけ方では引き算にせよ足し算にせよ、まずはじめに理想の音を作ってから削るのが良いと思います。この辺りは各エンジニアさんによってやり方も異なると思うので好きなやり方を見つけられると良いですね。

 ただ、あくまでEQというのは削って使うもので、もともと含まれていない音はどんなに上げても聞こえません。それどころか周辺の音が持ち上げられて歪んでしまう原因にもなります

 EQを削る方向で使ったほうがよいというのはそのような理由から言われています。削っても理想の音を得られなければ収録をやり直したり、音源を変更しましょう。

楽器別EQマップ

 楽器別のEQマップです、まずは編集しようとしている音源を表に当てはめてどの音が強く、どの音が弱いのかを実際に聴いてみて、音作りとカットをしてみましょう

 図の中で灰色で示している箇所は音を削る候補となる箇所です、こうして見るとやはり低域〜2kHzあたりをいかに綺麗に住み分けさせるかがポイントになるのがわかります。

(1)ボーカルのEQマップ

(2)キックドラムのEQマップ

スクリーンショット 2016-06-19 17.16.05

(3)ベースのEQマップ

スクリーンショット 2016-06-19 17.19.27

(4)スネアドラムのEQマップ

スクリーンショット 2016-06-19 17.20.47

(5)タムのEQマップ

スクリーンショット 2016-06-19 17.22.49

(6)ハイハットのEQマップ

スクリーンショット 2016-06-19 17.25.54

(7)オーバーヘッド・ROOMマイクのEQマップ

スクリーンショット 2016-06-19 17.27.27

(8)ギターのEQマップ

スクリーンショット 2016-06-19 17.29.36

まとめ

 今回はEQについて書いてみました。はじめはなかなか微妙な音の変化を聴き取るのが難しいと思いますが、何回も聴いていくうちに必ず慣れていきますので挑戦してみてください。

 EQの記事を書いたので次回はコンプレッサーを紹介するのが良いような気がします。(気分で他の記事を書くかもしれません)。