オーケストラにはどんな種類の楽器があるの?

222

 クラシック音楽を聴いたり、ゲームで素敵な音楽を聴いたりしているとオーケストラに興味が湧いてきます。

 ところでオーケストラにはたくさんの楽器がありますが、一体どんな楽器があるのでしょう?

 今回はそんな楽しいオーケストラを構成する楽器を紹介していきます。

 
 

オーケストラの楽器は大きく4つのセクションに分けられる

 オーケストラは大きく分けて4つのセクションに分かれていて、基本構成となる楽器と必要に応じて加える編入楽器で一つのオーケストラが構成されています。

 オーケストラの4つのセクション

  1. 木管楽器(Woodwinds)
  2. 金管楽器(Brass)
  3. 打楽器(Percussions)
  4. 絃楽器(Strings)

木管楽器(Woodwinds)

picc

ピッコロ

flute

フルート

oboe

オーボエ

clarinet

クラリネット

bassoon

ファゴット

 木管楽器とは、材料が木で作られた吹奏楽器のことです。フルートは金属で作られていますが、昔は木で作られていました。

発音方法

 木管楽器は、リードと呼ばれる葦で作られた板を空気で振動させて音を出したり、フルートやピッコロのように管に息を吹き込んで風を切って音を出すところです。

 リード楽器にはクラリネットのように1枚だけを使用したシングルリード族と、オーボエやファゴットのように2枚のリードを使用したダブルリード族の楽器があります。

木管楽器の特徴

 木管楽器は音が小さく抑揚があまり大きくない楽器です。もちろんソロでは抑揚を付けることもできますが、オーケストラ全体の中では音量を決めるほどのパワーはありません

 木管楽器は、小さい音量の中で静けさや悲しさ、ひょうきんさやほのぼのさ、楽しさなどを表現するのに向いています。

  • 木管楽器は木で作られた吹奏楽器。
  • あまり音量は大きくなく、オーケストラの中では抑揚が少ない楽器。
  • 小さい音量の中で静けさや悲しさ、ひょうきんさやほのぼのさ、楽しさなどを表現するのに向いている。
  • リードを使って音を出すリード楽器には、リードを1枚だけ使ったシングルリード族と2枚を使うダブルリード族がある。
  • クラリネットはシングルリード族。
  • オーボエ、ファゴットはダブルリード族。

金管楽器(Brass)

horn

ホルン

trumpet

トランペット

tromborn

トロンボーン

tuba

チューバ

金管楽器の発音にはマウスピースを使う

 木管楽器との違いは「マウスピース」と呼ばれる部品で唇を震わせて音を出すという点です。

金管楽器の特徴

 オーケストラの中でも最も音量が大きいのがこの金管楽器です。金管楽器は大きい音だけでなく小さな音まで出せるので表現力に富んでいて、オーケストラ全体の音量を担う重要な役割を持っています。

 そんな金管楽器はとにかくたくさんの息を使うのであまり長いフレーズを一息で吹くのが得意ではありません。

  • 金管楽器はマウスピースを使って発音する。
  • とにかく音が大きい。
  • 小さい音から大きい音まで幅広く出せるのでオーケストラ全体の音量を担う。
  • 息をたくさん使うので長いフレーズは苦手。

打楽器(Percussions)

tmp

ティンパニ

bassdrum

バスドラム

snare

スネアドラム

シンバル

gong

ドラ

bell

カンパネラ

triangle

トライアングル

tambourine

タンバリン

widchime

ウィンドチャイム

 

 楽器を叩いたり(打つ)、擦ったり、振ったりして音を出す楽器をパーカッションと呼びます。

 同じように叩く、擦る、振って音を出すことがあっても、弦楽器や管楽器、鍵盤楽器はパーカッションには含まれません。

 管弦楽器だけでは弱かった音の強さを足したり、リズムを刻んだり、ここぞというところで展開を作ったり様々な役割を持っています。

  • 楽器を「叩く」、「擦る」、「振る」方法で音を出す楽器をパーカッションと呼ぶ。
  • 弦楽器や管楽器、鍵盤楽器はパーカッションには含まれない。
  • 音を増強したりリズムを刻んだり、展開を作るために用いる。
  • 打楽器の一部も編入楽器の扱いになる。

弦楽器(Strings)

バイオリン

viola

ビオラ

cello

チェロ

Contrabass

コントラバス

 オーケストラの中で主役になるのがこの弦楽器です。

弦楽器は大人数で演奏される。

 オーケストラでは弦楽器は1人だけではなく、14人のバイオリンが集まって演奏をしたり、とにかく多い人数で演奏されるのが特徴です。

 そのためオーケストラの弦楽器はソロの演奏に比べると音が重なり合ったぼやけたやわらかい音になります。

抑揚は大きいけど金管には勝てない

弦楽器も少人数から大人数と演奏する人数や強さによって大きな抑揚を付けられる楽器群です。

 それでも1人あたりの音はとても小さく大人数になってもやはり金管楽器には音量が負けてしまいます。

 オーケストラの全体をひっぱっていったり、繊細な表現をしたり、時には金管楽器をサポートする役割に回ったり、多くの役割をこなします。

  • 弦楽器は大人数で演奏するのでソロに比べてぼやけたやわらかい音になる。
  • 小さい音から大きな音まで、人数や強さを変えれば幅広い音量を出せる。
  • オーケストラの主役で全体をうまくまとめるための多くの役割をこなす。

編入楽器

marimba

マリンバ

xylophone

シロフォン

glockenspiel

グロッケン

harp

ハープ

piano

ピアノ

celesta

チェレスタ

 編入楽器は、管弦楽器のようにいつもオーケストラのメンバーとして必ず加わっているわけではなく、必要な時だけに限定して演奏に参加する楽器のことです。

 先ほど紹介したパーカッションで言えばトライアングルやウィンドチャイムなどを見れば毎回使われているわけではありませんよね?

 そのような楽器のことを編入楽器と呼びます。

その他の編入楽器

  • イングリッシュホルン・・・オーボエより大きく先が丸い、低い音域。
  • オーボエ・ダモーレ・・・オーボエとイングリッシュホルンの中間的な楽器。
  • ユーフォニアム・・・チューバよりやや小型でテナー的な音域、少し暗い音色。
  • ワグナーチューバ・・・小型のチューバで管が曲がった面白い形をしている。
  • コルネット・・・トランペットに似た楽器でイギリスのブラスバンドで使われている。
  • フリューゲルホルン・・・まるまるとしたトランペットのような形で丸い音が出る。
  • スーザフォン・・・マーチングバンドでのチューバの代用

オーケストラに登場する楽器のまとめ

 気になった楽器があればYoutubeなどで実際に音を聴いてみましょう。今後このサイトでも音色を紹介していく予定です。

 それではまた次回、「楽器の配置」でお会いしましょう^-^♪

オーケストラの楽器配置はどうなってる? DTMでミックスする際は奥行きにも注意しよう
 オーケストラは人数が多くて不規則に並んでいるように見えますが、実はきちんとしたルールに則って並んでいます。  DTMでオーケストラの...

フォローする