今更ながらApple keyboard 有線テンキーなしを購入してみたよ!旧式の使いやすさを改めてレビュー!

 皆さん、覚えていますか?かつてAppleからはテンキーのない有線キーボードが発売されていたということを💡

 Appleの有線キーボードといえば、テンキータイプの長いやつがお馴染みだと思います。そしてぼくもずっとこの長いテンキー付きのキーボードを使っていました💡

 でもこのテンキー付きのキーボード、横幅がかなり長いため、マウスまでの距離が遠いのが難点・・・。

 かといってキーボードを左に寄せてしまうとホームポジションの位置が左によってしまって体がねじれてしまうのです^-^;

 そこで、さてそろそろテンキーなしのキーボードを試してみようか💡となるわけですが、なぜ最新式のマジックキーボードではなく旧式の有線タイプをいまさら購入したのか?

 色々試した結果、結局旧バーションの有線タイプのものを購入するに至った流れを紹介して活きたいと思います^-^ノ

 

テンキーありのタイプはとにかく長い!

 ご覧の通り、テンキーというのはとても便利なんですがちょっと場所をとるんですよね。

 こうなると「マウスを右の彼方へ置いて腕を外側に伸ばして操作する」か、若しくは「キーボード全体を左側に寄せてホームポジション自体を左側にずらす」かの2択になります。

 今まではマウス(トラックボールを使っています)を右側遠くに配置して使っていましたが、どっちにしてもキーボードとマウスを行ったり来たりするのはちょっと遠い^-^;

 この距離がもっと近くなったら作業効率が上がるだろうなとひらめいたのです💡

 そしてここからMacのテンキーなしキーボード探しの旅が幕を開けます。

現在Appleの公式サイトで販売しているのはワイヤレスのマジックキーボードのみ

Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A  Mac純正でテンキーなしのキーボードを探してみると、現在Appleの公式サイトで販売しているのはワイヤレスのマジックキーボードのみでした

 大人気の有線タイプ(テンキーあり)も実はもうひそかに製造が中止されているというのも皆さんは既にご存知でしたか?

 そして、そういうことならマジックキーボードを購入しようかと思いました💡デザインも良いしワイヤレスなんて素晴らしい💡

 しかしマジックキーボードの評判を調べてみると、なにやらバタフライ式というのを採用していて以前のキーボードよりもボタンの押し込みが1mm程浅くなって打ちにくくなっているらしいとのこと。

電気屋さんのコーナーで実際に試してみた

 そこで電気屋さんの展示コーナーで実際にワイヤレスのマジックキーボードを試してみると・・・。

 う〜ん、やっぱり評判どおりぺちぺちと薄くて打ちにくい^-^;

 特にいままでのあの有線キーボード独特の押し込み感に慣れてしまっている方なら違和感というかもう机をそのまま叩いているような感触です。

 もちろん中にはそんな薄さが良いという方もいるのでこれは相性だと思いますが、ぼくの場合はだめでした^-^;

一世代前のワイヤレス式は傾斜が付きすぎているのと電池交換がめんどくさいのでNGという結果に

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

 そこで次の候補に上がったのが一世代前のワイヤレスキーボード💡こちらは打鍵感が素晴らしいというのは以前使ったことがあるので知っていました。

 でも、このモデルは裏に電池を入れるため若干傾斜がきつくなっているのです。もうずいぶん長いこと有線タイプを使っていてその角度に慣れてしまっているのでこちらはちょっとやめようということになりました。

 それと電池式というのもこれからの時代ちょっと使い勝手が悪いかなとも思いました。

ネットで調べているとテンキーレスの有線タイプの新品が販売されているのを発見

Apple Apple Keyboard (JIS) MB869J/A

 もう良さげなのは無いかな〜と諦めかけていたところ、ふと調べているとなんと2009年発売のテンキーなし有線タイプ(新品)を販売しているお店を発見しました

 更に調べてみると、キーボードの高さは主流になったテンキー付きのモデルと同じ

 というかカーソルキーとテンキーがカットされた以外は今使っているものとほぼ同じという目指していた商品

 もう在庫限りのとてもレアなものらしいのですぐに注文をしました💡価格は発売当時5,000円程だったらしいのですが、現在は11,000円とちょっと割高になっています。

キーボードが届いたので早速開封してみよう

 ということで、期待のキーボードが届いたので早速開封してみたいと思います💡しばし開封の風景にお付き合いくださいm(_ _)m

 2009年に発売の商品とのことですが箱がきれいですね💡でもAppleの箱っぽくはなさそうです。重製品だよね!?!?

 箱を開けるとこんな感じ、Appleが絶対やらなそうな詰め方^-^;

 でもビニールが掛かっているので新品なのは間違いなさそう💡商品詳細欄にバルク品と書いてあったので元々箱がなかった製品なのかもしれません(謎)。

 大丈夫!ちゃんと純正品が届きました💡

テンキーあり・なしのキーボードを並べてみると!?

 今まで使用していたテンキーありのものと比べると、2/3程の長さになりましたね💡

 こうして並べると傾斜があるためキーの幅が異なるように見えますが、両者ともキーのサイズは全く同じです。

空いたスペースにマウスがすっぽり収まる

 これまでテンキーがあったスペースを利用すればマウス(トラックボール)がすっぽり収まってしまいます💡

結果:手の移動距離が短くなって少しだけ動きが良くなった

 テンキーのないキーボードに変えたことでマウスまでの移動距離が短くなってちょっとだけ作業効率が上がりました💡

 なにより無理な姿勢で体がねじれる心配がなくなったので健康的にはこちらのほうが良さそうです💡

テンキーがなくなって不便になったことは?

 では、テンキーがなくなったことによって不便だなと感じることがないかといえばそうでもなく、いくつか残念な点があります。

(1)delete(→)ボタンが無くなった

 まず一つ目が、テンキーがなくなったことによってdelete(→)ボタンが無くなったという点です。ボタン一つで右側の文字が消せるというのが便利だったのですが、これはキーボードのスペース的に省かれてしまいます。

 でも実は「fn」+「delete」で同じことができるので慣れればなんとかなりそうです💡

(2)数字や計算の入力が少し面倒になった

 半角の数字や計算式を入力するのにテンキーはやはり便利ですね。テンキーがなくなって数式の入力が少し不便になりました^-^;

(3)キーボードが中心になったので今までとちょっと感覚が違う

 もうひとつ、キーボードを中心に置けるようになって気がついたのですが、今までの長いキーボードを使っていたときは微妙にキーボードの位置が左側に寄っていたようです。

 ということもあって、完璧に中央がホームポジションになったらそれはそれでちょっと感覚が変わったように思えます。

 このあたりは慣れですぐに解消しそうですね💡

(4)「Home」「End」ボタンが使えなくなった

 こちらもよく使用していたHomeボタンとEndボタンが使えなくなってしまったのでマウスやトラックパッドでスクロールするように切り替えることに鳴りました。

(5)もしかして?テンキーありのタイプよりもちょっとだけ打鍵が重たい?

 これは気のせいか、いや気のせいではない!?2つのキーボードの打鍵を比べてみると、テンキーなしの旧式のほうが若干打鍵に力が必要なようで重たく感じます。

 何でしょう、個体差?それとも仕様?正直なところ、打鍵感はテンキーありのやや軽めのふわふわした方が打ちやすいなと思いました。

今更ながらApple keyboard 有線テンキーなしを購入してみたよ!旧式の使い勝手を改めてレビュー! のまとめ

 ということで、なんでいまさらそんな古いモデルのレビュー記事書いているんだという話なんですが^-^;今ではもう薄いタッチのマジックキーボードが主流になってしまったので、旧式の打鍵感を好んで使っている方に向けてレビュー記事を書いてみました💡

 有線式のテンキーあり・なしのキーボードは今ならまだ新品のものが入手できますので必要な方は今のうちに手に入れておきましょう^-^ノ

フォローする