VIENNA INSTRUMENTS PRO 内蔵EQの使い方

 VIENNAは重い音源なので複数トラック作るとPCの能力が限界!! という方も多いと思います、そこへ更にEQをインサートで使うとなるとさらに追い打ちをかけることに^-^;

 そこで、あまり知られていませんがVIENNA INSTRUMENTS PROには内蔵のEQがあるのです💡

 ということで今回はそのEQをうまく活かしてPCパワーを節約していきましょうというお話ですよ⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾ 使い方を説明していきます。

付属EQってどんなの?

 VIENNA INSTRUMENTS PRO 付属のEQは下の画像のような3バンドのタイプが付属しています。

 Q幅は変えられないですが、図2のようにローカットをしたり、高音域を持ち上げたりすることができます。

実際に使うまでの手順

 ではEQを使ってみましょう(!) 呼び出す場所がなかなかわかりずらいので丁寧に説明します^-^;

まずは右上にある「① Advanced」をクリックしてアドバンス画面へ移動。

 ①の「Advanced」が水色になっていたらアドバンス画面になっています。

次に左下の方にある「② Matrix」タブをクリックします。

 するとEQが登場しました(!)

EQの簡単な使い方

「③ EQ」を有効にする

 右側「EQ」と書かれた文字をクリックして青色になっている状態が「ON」です。あとからOFFにすることもできるので適宜比べながら設定していきましょう。

拡大して見やすく表示する

 虫眼鏡のマーク(④)があります、ここをクリックすると拡大されて操作をしやすくなります。

 拡大したところ↓

まとめ

 こんな感じで、みなさんのお好みの音色に調整してみてくださいね💡ちょっとローカットを入れたい、金物の高音域がきついなんてときに使えるVIENNA INSTRUMENTS PROの便利機能の使い方紹介でした。

 ♪作曲や編曲、ミックス、音源の修正、DTM教室などお気軽にご相談ください(*´∀`*)♪

 

 ↓六花亭の六花の森っていうチョコすごくおいしいよ(ฅ'ω'ฅ)♪

関連の記事♪

フォローする