マイクの音を機種別に試聴して比較しよう!マイクの選び方について

 マイクを選ぶ時にどの機種を選ぶか迷いますね(?)そこで今回はみなさんの候補に選ばれるであろう有名なマイクを機種ごとに紹介して音の比較ができるようにしてみました。

 これから購入する方でどうやって選ぼうか迷っている方は参考にしてみてくださいね^-^ノ

ボーカリストさん紹介

 今回のマイク比較企画ため2人のボーカリストさんにご協力いただきましたm(_ _)mありがとうございます。

Asahiさん

 Asahiさんは役者やシンガーソングライターとして現役活動中の方で、歌だけでなく演技も幅広くこなせるタレントさんです。今回の企画のために気合を入れて長い曲を歌ってくださいました。

ネリエさん

 ネリエさんはタレントとしてテレビ出演をされたりシンガーソングライターとしても活動の幅を広げています。編曲を頼んでいただいたりといろいろお世話になっております。

ボーカリストへのお問い合わせ

 各ボーカリストへの依頼はお問い合わせページからお願いいたします。

お問い合わせ
頂いたご意見・ご感想は全て担当者が目を通し、制作の参考および活動のために使わせて頂きます。なお、ご質問・ご意見に関してお返事を差し上げられな...

全てのマイクの比較

Asahi

ネリエ

SHURE SM58

 まずは定番マイクSHUREのSM58から聴いてみましょう💡このマイクはどこのスタジオにも普通に置いてありますし家電量販店でも手に入れやすいですね💡

 この機種の良いところは何よりも”頑丈”にできていることです!ライブハウスなんかに行くとよくグリル(金網)がつぶれているのを見かけますが、何事もなかったかのように普通に使われています。(どんな使われ方してるんだろう)

Asahi

ネリエ

SHURE BETA 58A

 こちらも定番のマイクです💡 SM58の上位機種に当たるモデルで、頑丈さを受け継ぎながらも高音がより多く空気感が強く透き通った感じがします。

 さらにこのマイクはSM58よりも指向性(ある方向の音のみを拾う性質)が強いので環境音などのノイズも拾いにくいというメリットがあります💡

 ということで予算があればBETA 58Aの方を選びましょう💡

Asahi

ネリエ

SHURE BETA 57A

 BETA58Aがボーカル用途に対して、こちらは主に楽器に使用することが多いのですがボーカルにも使える多用途マイク💡 楽器もボーカルも両方録音したいという方におすすめです。

 こちらもBETA58Aと同様に指向性がより強くなっていたり、音の質もBETA58Aに近いのですが、息の吹かれに弱いため吹き込まないように歌うのが難しいとされています。

Asahi

ネリエ

SHURE BETA 87A

 形はダイナミックマイクっぽいですけどコンデンサーマイクです、そしてコンデンサーマイクとしては比較的指向性が狭く作られています。

 BETA57Aと同様に吹かれに弱く歌うのが難しい部類に入ります。

Asahi

ネリエ

Rode NT1-A

 はじめてのコンデンサーマイクに最適なセット販売が有名なマイクです。

 コンデンサーマイクを単体で購入すると、マウントやポップガードなどを別に揃えなければならないのですが、こちらのセットで購入するとコンデンサーマイクの使い方も自然と覚えることができます。

Asahi

ネリエ

Rode NT2-A

 NT1-Aの上位機種です。マイク本体に指向性を切り替える機能がついていたり、ローカットフィルターが付いていて音質を調整することができます。

 NT1-Aと比較するとこちらのほうがやや繊細さとパワフルさを持ち合わせています。

Asahi

ネリエ

NEUMANN U87 Ai

 言わずと知れたスタジオ定番マイク!値段は高いのにとても優しい音が録れます。

 予算があれば是非このマイクを手に入れてください。

Asahi

ネリエ

NEUMANN TLM 103

 こちらもNEUMANNのマイクで、U87よりも若干角がでる印象です。

 モデルの位置づけとしてもU87の下位モデルということなので賛否両論ですが、ボーカルが埋もれないような力強い音を録りたいときはこのマイクが力を発揮します。

Asahi

ネリエ

SENNHEISER E835

 高音がとても強いマイクで、中域が少し弱いせいか音の芯が細く感じます。

 もともと高音寄りに作られているのでまずは女性ボーカルのほうが相性は良いかと思います。

 空気感を求めるようなバラードなどに相性が良さそうです。

Asahi

ネリエ

SENNHEISER MD421

 有名なくじらマイクですね💡面白い形をしていますが表情豊かな音が録れます。

 このマイクはボーカルにも楽器用途にも使用することができるの万能マイクなのですがプラスチック製ということもり耐久性に少々難ありなのでその点だけ注意しましょう。

Asahi

ネリエ

SENNHEISER MD441U

 ゼンハイザーから出ている単一指向性マイクで、雑音やハウリングにも強いです。

 本来の用途が演説用途として作られているため音楽制作として使うのはなかなかマニアックな使い方になりますが独特の録音がうけて根強いファンがいます。

Asahi

ネリエ

Blue Bluebird

 有名なマイクですが音は少し癖があるので相性が良ければ良いマイクになると思います。

 見た目がおしゃれなので1本飾っておくだけで良い音が録れそうな気分になるかも(?)

Asahi

ネリエ

AKG C414 XLII

 オーストリアのメーカーAKGのマイクです。フラットで変な癖がなくて、忠実に無難に録音したいという方におすすめ。

Asahi

ネリエ

Audio technica AT2020

 コンデンサーマイクの入門機という位置づけですが、1万円台のマイクとしては十分な能力を発揮してくれます。

Asahi

ネリエ

Audio technica AT4050

 AT2020の上位機種です、ほんの少しの違いですが、ちょっとしたところで表現豊かに聴こえます。

 NEUMANNにはちょっと手が届かないけど><という方がこのマイクをよく購入しているのを見かけます💡

Asahi

ネリエ

まとめ

 いかがでしたか(?)都心であれば電気屋さんに行って実際にマイクを試すことができますが、住んでいる場所によってはなかなかマイクを試す機会を作れない方もいると思います。

 今回はそんな方々にもマイク選びで失敗しないようにそれぞれの音の特徴がわかるようなものを用意したいと思って記事を作りました。

 こうして比較してみると、マイクの機種によって人物が変わってしまうほどの違いはないことがわかります。

 空気感だったり、力強さ、表現力など、そういった細かい違いにはなりますが、それが声質との相性の善し悪しに繋がったり、作りたいジャンルとの相性を決めることになります。

 皆さんの声や目的に合った良いマイクが見つかると良いですね^-^ノ

 ♪作曲や編曲、ミックス、音源の修正、DTM教室などお気軽にご相談ください(*´∀`*)♪

 

 ↓北海道に行ったおみやげで買ってきたバームクーヘンがとても美味しかったよ(ฅ'ω'ฅ)♪

関連の記事♪

フォローする