コンプレッサーでトラックのダイナミックレンジを整えて音量バランスを合わせやすくする方法!

 超謎解き! DTM探検!!19回は「コンプレッサーでオーディオのダイナミックレンジを整えて音量バランスを整えやすくする方法!」について紹介していきます💡

 前回、MIXで最も基本となる空間を作り上げるところまで完成しましたので、次はそれぞれの楽器の音の粒を整えてさらに聴きやすく調整していきましょう💡

 ダイナミックレンジを整えることで音量が安定し、楽器ごとの距離感やバランスが取りやすくなります💡

 コンプレッサーを使用して演奏をより引き立て、上手に聴かせるためのポイントとなるテクニックついて見ていきましょう^-^ノ

前回までの音源をおさらい!

Yugo
Yugo

まずは前回、リバーブ調整とパン振りによって空間を仕上げた音源を確認しておこう💡

こむぎ
こむぎ

ここからさらにどう変化するのか楽しみだ♪

コンプレッサーを使う目的は「大きな音を圧縮」して「埋もれている音を表に浮かびだす」こと!

Yugo
Yugo

コンプレッサーを使う一番の目的は、大きすぎて耳障りな音を小さくして、逆に埋もれている音を大きくすることだよ💡

こむぎ
こむぎ

コンプレッサーを使うと音が大きくなるの?

Yugo
Yugo

コンプレッサーを使う前は大きな音の箇所が目立っていたからあまり音量を上げられなかったけど、圧縮することによって音の大きな箇所が無くなって全体的に音量を上げることができるようになるんだ💡

その結果として、今まで小さくて埋もれていた部分の音が聴こえるようになるということだよ💡

こむぎ
こむぎ

なるほど〜♪音量は圧縮後に手動で上げて調節するんだね♪

コンプレッサーの仕組み!

Yugo
Yugo

コンプレッサーは、ある音量(スレッショルド:閾値)を上回った音指定した一定の比率(レシオ)圧縮するエフェクトだよ💡

こむぎ
こむぎ

スレッショルドよりも小さな音には影響がないの?

スレッショルド以下の音はリリースタイムに左右される!

Yugo
Yugo

リリースタイムが0なら全く影響がないけど、リリースタイムを長く設定していると、その間は圧縮が続くよ💡

こむぎ
こむぎ

なるほど💡リリースタイムを長くすると、その間は元の抑揚が保たれて自然な仕上がりになるってことだね♪

Yugo
Yugo

ただし💡ギターのように音が連続して鳴るような場合はあまりリースタイムを長くすると次の音まですべて圧縮されて意図しないサウンドになってしまうこともあるから、慣れないうちは短めに設定するのがおすすめ💡

機種によってはオートリリースタイム機能がついていて、自然な仕上がりになるように自動で調整してくれるものもあるよ💡

音のアタック感を強めるか、弱めるかを意識しながら使ってみよう!

こむぎ
こむぎ

そういえばこの「アタックタイム」って何?

Yugo
Yugo

アタックタイムというのは、音量がスレッショルドを上回っても一定時間圧縮しないよ!という時間のことだよ💡

こむぎ
こむぎ

なんで圧縮しない部分を作るの?

圧縮しない部分のアタック感が強くなり音にパンチが生まれる!

Yugo
Yugo

音には「瞬間的な音」と「余韻の音」があるよね💡

例えばギターなら「弦をピッキングするカツっ」という瞬間的な音と、「ボディから長く響く」音💡

こむぎ
こむぎ

うんうん♪

Yugo
Yugo

この瞬間的な音にはパワフルな力があって、この成分を圧縮せずに残すことでパンチのあるサウンドにすることができるよ💡

アタックタイムの長さを調整することで、どの成分を残すか調整することができるんだ💡

こむぎ
こむぎ

なるほど〜♪

逆に、もともとパンチが効きすぎてるな〜ってときはアタックタイムを最速にすることで瞬間的な音と余韻の音を近いレベルにすることもできるんだね💡

コンプレッサーを掛ける前に、音のアタック感を強めるか弱めるかを決めよう!

Yugo
Yugo

このように💡音の粒を揃える段階から音のアタック部分を強めるか、弱めるか、今のままで丁度よいのかを意識しながらコンプレッサーを掛けると思い通りの仕上がりになるよ💡

こむぎ
こむぎ

はーい♪

コンプレッサーを掛ける際には、ソロではなく全体を再生しながら調整する!

こむぎ
こむぎ

ギタートラックをソロで聞きながらコンプレッサーで音を作ってもう最高!

と思って全体で合わせて聴いてみたらなんだかイマイチでよくわからなくなっちゃった💦

Yugo
Yugo

これはみんな通る道だから心配いらないよ💡音楽のミックスでもよく「木を見て森を見ず」になってしまうと言われているサイクルに陥っているね💡

一般的に、コンプレッサーもEQも、エフェクト類はすべて、全体のトラックを再生しながら如何に調和が取れるかを目指して編集していくことが重要だよ!

こむぎ
こむぎ

そっ、そうなの〜〜!?!?

Yugo
Yugo

ミックスを上達させるためにも💡森を見ながら木の飾り付けができるように今日から練習を始めよう💡

こむぎ
こむぎ

頑張るよ〜♪

今回の完成! & 各トラックに掛けたコンプレッサーについて!


ギター・バックアップ


ハーモニカ

ギター・ソロ

バンジョー
ギター・バックアップ
  • 元々アタック感がやや強めだった!
  • 伴奏に徹するために「アタックタイムを早め」にしてすこし柔らかい印象に!
  • アタック部分を中心に最大11dB程度圧縮して整えた!
ハーモニカ
  • ボーカルと似た性質で近い処理になった!
  • 抑揚が大きかったため、ゆるやかなKneeを使用して最大で11dB程度のリダクションで常に掛かり続けるよう設定!
  • 埋もれている部分がより聞こえやすくなった!
ギター・ソロ
  • アタックタイムをやや遅めにして少しだけアタック感を強め、存在感を増した!
  • 元々ばらつきが大きかったのでやや強めに最大-12dB程度の圧縮!
バンジョー
  • バンジョーは元々バランスが取れていて、収録時コンソールによるコンプレッサーである程度まとまっていた!
  • 緩めのKnee、最大9dB程度の圧縮でアタック感を変えないように調整!
Yugo
Yugo

各トラックに使用したコンプレッサーは上の4つ💡波形は圧縮後にGainアップが行われたものが表示されているよ💡

こむぎ
こむぎ

アタックタイムが早かったり遅かったり、目的によってかなり設定や圧縮量も変わるんだね💡

Yugo
Yugo

設定値は目の前にある音が目的の音になるように調整しなければならないんだ💡

同じ楽器、同じボーカリストでさえも状況が変われば毎回異なる設定で音を作らなければ目的の音にはならないんだよ💡

こむぎ
こむぎ

今まで本に載ってた設定をそのままコピペして使ってたよ〜><💦

比較用!コンプレッサー処理前・処理後の音源はこちら!

コンプレッサー処理前
コンプレッサー処理後
こむぎ
こむぎ

コンプレッサーを使ったほうが曲が全体的にまとまってる感じがするね💡

次回はEQを使って音作りをやってみよう!

Yugo
Yugo

コンプレッサーというと、抑揚をすべてなくしてしまう印象を持っている方も多いけど、実は、少し掛けるだけでも音が安定して聴きやすくなるよ💡

こむぎ
こむぎ

コンプレッサーだけでこんなにも変化するんだね!DTMって不思議だ〜♪

次回はこちら「EQを使って音作りをする方法とは!?初心者でもわかる手順やポイントを紹介!」

EQを使って音作りをする方法とは!?初心者でもわかる手順やポイントを紹介!?
 超謎解き! DTM探検!!第20回は「EQを使って音作りをする方法とは!?手順やポイントを知りたい!?」について紹介していきます💡  超謎解き!DTM探検も残すところあと数回で完結!2018年1月10日からスタートしたこの企画もいよ...

超謎解き!DTM探検!!もくじ一覧ページ

超謎解き!DTM探検!! はじまり〜♪ (もくじ)
 楽しみながら学ぶ!体験型DTM実験バラエティ「超謎解き!DTM探検!!」が始まります!!  このブログ番組ではパソコンモニターを眺める視聴者の皆さんが実際に作業(実験)をしながら楽しめる!!役に立つ!!実力に繋がる!!そんな内容盛り...

読者コメント欄♪

タイトルとURLをコピーしました