コードの付け方についてコツを紹介♪ツーファイブや強進行、ドミナントモーション、サブドミナントマイナーについて学ぼう♪

 このように、セカンダリドミナントはあるコードの前に自由に加えることができるので、単調だった進行がより複雑なものへ変身させることができます。 今回はメロディにコードを付けたり、付け直すリハーモナイズのコツや、その際に覚えておきたいコード機能や活用したいツーファイブ強進行ドミナントモーションサブドミナントマイナーなどについて紹介していきます^-^ノ

ダイアトニックコードとは?

 ダイアトニックコードとはある調の構成音を元に構成されているコーのことで、例えばハ長調であれば、調の構成音は「C D E F G A B」なので、

 ハ長調のダイアトニックコードは、

              

 のようになります💡

 ダイアトニック以外のコードは全てノンダイアトニックコードと呼ばれます。

Yugo
Yugo

最初はダイアトニックコードのみを使用してコードを付けてみよう💡

3種類のコード機能を覚えて使い分けよう!

 主要三和音代理コード
トニックC (Cmaj7)Am7、Em7
サブドミナントF (Fmaj7)Dm7、Bm7(-5)、Am7
ドミナントG (G7) Bm7(-5)、Em7/G

 コード機能には「トニック」「サブドミナント」「ドミナント」という3つの異なる性格があって、すべてのコードはこの3つのコード機能に分類できます💡

 まずはこの3つの性格の違い・機能について見ていきましょう💡

Yugo
Yugo

上の表はハ長調のダイアトニックコードをコード機能別に分類したものだよ💡

トニック・コード

 一番安定しているコードで、極端な話、迷ったらこのコードだけでも1曲作れます。

Point!

  • トニックコードは最も安定していて、「曲始め」や「曲終わり」に用いるコード!

サブドミナント・コード

 やや不安定な響きで、ふわふわとした印象を与えるコードです。

 サブドミナントはドミナントへも、トニックへも進めます

Point!

  • サブドミナントコードはちょっとだけ緊張感のある響きをもつコード!

ドミナント・コード

 最も不安定な響きで、緊張状態からどうにかトニックへ落ち着きたいコードです。

 この不安定な力から安定したトニックへ進めば、とても強いつながりりのあるコード進行を作ることができます💡

Point!

  • ドミナントコードはトニックコードへ進む力が強い!
補足!

  • ドミナントからサブドミナントへ進行するのは弱進行といって弱い響きになりますが、ロマン派以降ではかなり使っている例もあり、おしゃれな楽しい雰囲気になります。

曲はT(トニック)にはじまりトニックに終わる

 現代音楽などではサブドミナントはじまりの曲もありますが、基本的に曲はトニックから始まって、トニックで終わります💡

Yugo
Yugo

トニック、ドミナント、サブドミナントでどのような進行があるか例と効果を見てみよう💡

トニック➔ドミナント➔トニック

  • 「調の中で安定したトニック」から「不安定なドミナント」、そしてまた安定したトニックへと戻るこの進行は、曲の調性がよく現れていて、とてもわかりやすい音楽になります💡
トニック➔サブドミナント➔トニック

  • トニックから少し不安定なサブドミナントに進行して、またトニックに返ってくるこの進行は、スムーズに進行してあっさりとした、ふわふわした楽しい印象を与えてくれます💡

トニック➔サブドミナント➔ドミナント➔トニック

  • トニックからサブドミナントに進行して、さらにドミナントを経由してトニックに戻ってくるという進行では、「安定➔緊張➔不安定➔安定」というノリの良さが生まれます。

Yugo
Yugo

コード機能(トニック・ドミナント・サブドミナント)についてもっと知りたい人は「コード機能のトニック・ドミナント・サブドミナントってなに?」を読んでみてね💡

強進行について覚えておこう♪

「完全4度上」のコードに進行すること ➔ 強進行!

 例えば「トニック ➔ サブドミナント」の進行で、「C ➔ F」のコードを選択した場合、Root音がCから完全4度上のFに進行しています。

 この進行は、ノリを生み出したり不安定を解決する響きが生まれる性質を持ち、強進行と呼ばれています💡

Yugo
Yugo

F調(ヘ長調)としてみるとC→Fはドミナントからトニックで解決の動きになっているのがわかります。

こむぎ
こむぎ

完全4度とか音程の度数って何?という方は「1度、2度?完全4度?完全5度?増音程とか減音程ってなに?音の度数とは?」を見てみよう💡

ii→V7のツーファイブ進行は必須!さらにドミナント・モーションでつなげよう!

ii➔ Vの進行をツーファイブ!

ファ
IiiiiiIVVvivii

 ハ長調ではDm→G7といったようにiiからVまたはIIからVへの進行はツーファイブと呼ばれています💡(iiが小文字なのはマイナーコードを表している)。

Yugo
Yugo

調の「2番目の音」から「5番目の音」に進行するからツーファイブ進行なんだね💡

 よく見るとこのツーファイブ進行は完全4度上に進行する強進行にもなっていることがわかります💡

さらにドミナントモーションを加えると?

ファ
IiiiiiIVVvivii

 iiからVに進むツーファイブだけでも強進行によって解決感を生み出すことができるのに、そこからさらにV→Iのようにドミナントが解決したらもうどんなに素晴らしいことでしょう!?

 と、いうわけでこの進行は、

ii→V7→I

 のような形でツーファイブからのドミナントモーションという、4度上に解決する強進行が2連続で続くコード進行の中でも最も華麗な響きを生み出す進行となっています。

 7が付いているのは、7thコードにすることでドミナントモーションの力が一層強まるため💡

Yugo
Yugo

このようにドミナントコードからトニックコードに解決することをドミナントモーションというよ💡

Point!

  • ツーファイブは鉄板のコード進行!
  • ツーファイブのあとはドミナントモーションでトニックに解決させると強進行が2連続で続く華麗な進行になる!

セカンダリドミナントを使ってみよう♪

 ここまでにハ長調のドミナントモーションの動きを学びましたが、ここからはハ長調の中に他の調のコードを取り入れて一時転調しつつ、転調先の調でドミナント・モーションを行う「セカンダリドミナント」という技を使ってみましょう💡

 ハ長調でも、Fの前にC7を置いて一時的にF調(ト長調)転調していると考えると?

ファ
IiiiiiIVVvivii

 F調での「C ➔ F」の動きはドミナントモーションになっています。

 本来ハ長調のドミナントモーションではなく、一時転調先のドミナントということでこのC7をセカンダリドミナントと呼びます。

 このように、コード進行の中に一時的に転調してドミナントの働きをもつコードをセカンダリドミナント(第二のドミナント)と呼びます。

Yugo
Yugo

セカンダリドミナントは、例えば次のように使うよ💡

元の進行セカンダリドミナントを加えると
C→F→G→Am  C→F→G→E7→Am

 セカンダリドミナントは7thになることで解決感がより強まります💡

 ※ここではAmに対してE7をAm調(イ短調)のセカンダリドミナントとして加えています。

Yugo
Yugo

セカンダリドミナントを加えると、単調だった進行が複雑になってコード進行に勢いがでるよ💡

ハ長調の各コードに対応するセカンダリドミナント表

このコードをトニックと考えてCDmEmFGAmBm-5
このセカンダリドミナントを前に足せる A7B7C7D7E7 

 ダイアトニックコードの各コードに対応するセカンダリドミナントの表を載せるので、参考にしてみてください💡

 ちなみにCに対するG7はそもそもダイアトニックでのドミナント機能なのでセカンダリドミナントとは呼びません💡

 また、Bm-5については減三和音なのでIになる調がないためセカンダリドミナントが存在しません。

サブドミナントマイナーを使ってみよう♪

ファ
IiiiiiIV ➔ ivVvivii

 IImは元からマイナーですが、IVをIVmの形にしたものをサブドミナントマイナーと呼び、曲中にサブドミナントマイナーを混ぜると少し哀愁感漂う雰囲気を加えられます💡

 ハ長調のサブドミナントマイナーは「Fm」です💡

サブドミナントマイナーの進行例1

C→F→Fm→C

代理コードに変えた例!

C→Dm→Ddim→C

 上の2つはほぼ同じ効果が得られます。構成音を見比べてみてください、ほとんど同じになっていませんか?

理論抜きでコード簡単につけたい方は!?

 ここまでコード理論について紹介してきましたが、実際のところ、この理論を知らなくてもコードを付けることはできます💡

 というのも、人はメロディを思い浮かべるときには同時にコードも頭の中で鳴っていると言われていて、あとはその名前と一致すれば理論抜きに感覚で付けることができるのです💡

その方法は?楽器で弾き語りをすれば身につく!?

 もし、理論抜きにコードの進行をぱぱっと思い浮かぶようになりたい方は、知っている曲をピアノやギターなどコードを鳴らせる楽器でコード譜を見ながらたくさん伴奏しましょう💡

 そして、気がつけばメロディにピッタリのコード進行が感覚で付けられるようになっています💡

Yugo
Yugo

楽器は弾けない!演奏が苦手!という方は、「定番コード進行パターンを紹介!」で基本的なコード進行を聴けるので、とにかく聴いてどのコード進行がどんな響きなのか徹底的に覚えてしまいましょう^-^ノ

読者コメント欄♪

タイトルとURLをコピーしました