知らなきゃ損する!?Wavesの厳選おすすめプラグイン10選

 音楽編集プラグインWAVESには多くの種類があるので、とりあえず有名どころしか使っていないなんて方も多いはず(?)

 そこで、今回はなかなか話題に上がらないけれども知らないと損している!?そんなWAVESのプラグインをご紹介します。

   

Abbey Road Reverb Plates

 WAVESシリーズにはクオリティの高いプレートリバーブがあるのです、それがこちらの「Abbey Road Reverb Plates」で、ボーカルに使用すると洋楽のようなきれいなミックスを簡単に作れます。

 このプラグインは「Abbey Road Collection」というバンドルに含まれています。

MondoMod

 こちらはモジュレーションプラグインなのですが、付属の「オートパン」という機能がとても便利で、特にEDMを作る方におすすめです。

 EDMで裏打ちをテンポに合わせて8分や16分で左右に振りたいという場合、このプラグインがあれば1トラックで左右にパンを振ったビートトラックを作ることができます。

 こちらはお馴染み「WAVES GOLD」に含まれています。

PuigChild

 以前から度々紹介している「PuigChild」です。このサイトの常連さんにはお馴染みプラグインになっているかもしれませんね(?)

 詳しい紹介は別記事(下)で紹介しているのでそちらをご覧ください。

WavesのFairchildコンプレッサー PuigChildの使い方
 WavesのPuigChildはアナログ感を足す用途はもちろん、左右を分けてコンプを掛けたり、MS処理にも使える万能コンプレッサーです...

MaxxVolume

 なんだか名前で使う気がなくなりそうですが、以前紹介したMV2の進化版です。MV2との違いは「GAIN」フェーダーが追加されている点とゲート、オートゲインコントロールが追加されている点です。

 こちらはGOLDの上位版にあたる「PLATINAバンドル」に含まれています。

H-EQ

 こちらはかなり定番になってきましたが、まだ使ったことのない方のために紹介します。

 H-EQはアナライザーとセットになっていて波形を確認しながら調整できるEQで、さらにモードを切り替えるとセンター&サイドに分けてEQを掛けることができる優れものです。

Doppler

 Dopplerはドップラー効果を生み出すプラグインです。星がきらきらと流れる様子や、乗り物が通過していく様子などはこのプラグインがあれば簡単に作れます。

「GOLDバンドル」に含まれています。

Trans-X

 Trans-Xは周波数ごとにトランジェントを調整できるトランジェントシェーパーです。

 ドラムのアタックだけを強めたり、リリースだけを伸ばしたり、それを周波数ごとに調整することができます。

「Sound Design Suiteバンドル」に含まれています。

Renaissance Channel

 RCompやREQをよく使うという方は、それらが1つにまとまったRenaissanceシリーズのチャンネルストリップ「Renaissance Channnel」を使いましょう。

W43 Noise Reduction

 W43は主にダイアログ(セリフ)に使用するためのノイズリダクションで、ヒスノイズやハムノイズ、交通騒音や風、エアコン騒音などのノイズを取り除くことに特化しています。

 どちらかというと宅録のボーカルノイズ処理向けのプラグインです。

WNS Noise Suppressor

 こちらもW43同様にダイアログに特化したノイズリダクションプラグインです。放送・映画など映像に特化したモデルで、モニターが付いてさらに操作がしやすくなっています。

 このプラグインは本当にすごいです💡 映画音声で野外収録のダイアログノイズもかなり綺麗に取り除くことができるので重宝させてもらっています。

まとめ

 10個紹介してみましたがどうでしたか?ほとんど知っていた(!)という方は既にかなり使いこなしている方だと思います^-^b

 WAVESにはまだまだ紹介しきれないプラグインがたくさんあります。WAVESプラグインについて、バンドルごとにどんな製品が含まれているのかもっと知りたい!という方は下の記事をご覧ください^-^♪

Wavesバンドルを比較!製品を表と図でわかりやすく解説
 これからWavesプラグインを購入しようと考えている方は、数多くあるWavesのバンドルの中からどの製品を購入しようか迷っているのではない...
関連の記事♪

関連の記事♪

フォローする