【DIY防音室⑦】ロックウール(吸音材)の敷き詰め作業!

DIYの豆知識!,防音の豆知識!

 DIY防音室企画も、いよいよ中盤に迫り、ついに「ロックウール(吸音材)」を敷き詰めるところまできました⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾

ということで!?

 今回はそんなロックウールを敷き詰める様子を紹介していきたいと思います^-^ノ

ひたすらカットして詰め込む!

 さて、ここからはひたすら、

  1. 柱間の幅を測る!
  2. 幅にピッタリはまるようにロックウールをカッターで切る!
  3. 詰め込む!

 という作業の繰り返しです^-^;

 意見すると単純で簡単な作業のようですが、これがチクチクしてもう大変!!

 

 ・・・と、こんなふうに書くとロックウールがめちゃくちゃ体に悪いみたいですが、実際のところ、人体には無害な素材です💡

 ただし、砂埃も大量に吸い込むと体に悪いのと同様で、

  • マスク
  • ゴーグル
  • 手袋

 などは必ずしましょうね💡

ロックウールは枠よりちょっと大きめにカットして押し込むべし!

 ちなみにロックウールなんですが、取り付ける枠ぴったりにカットしてしまうと?・・・・・・

 すぐに外れてしまいます^-^; 特に天井なんかはね;;

 ということで、枠よりも5mmくらい大きめにカットして、端をすこしもみほぐして潰してから入れるときれいに収まりますよ!!

詰め込み完了!

 こんな作業を繰り返して、ようやく詰め込みも完了!

 動画だと数分の映像ですが、実際はかなり時間がかかりました^-^;

 そして・・・まだこの後やることが・・・

飛散防止のビニールをかける!

 どのみち上に石膏ボードを貼ってしまうので、必要ないのですが、この後の作業の効率を考えて上にビニールを貼ることにしました💡

 ビニールを貼るメリットは2つありまして、

  • この後、掃除機を掛けたときに壁のロックウールが飛ばない!
  • 石膏ボード取付時、配線を通すときにロックウールに触れずにすむ!

 と、まあこんな感じで、防音室が完成してしまえばあってもなくてもどちらでも良いものです^-^;

 ということで、全体にこんな感じでビニールをかけました💡

 ビニールは、45Lのゴミ袋をロックウールと柱の間に金属ヘラを使って潜り込ませただけです(詳しいやり方は動画をご覧ください)

次回は石膏ボードを貼ります!

 皆さん!今回も単調な作業をご覧頂きありがとうございました!

 次回はいよいよ「石膏ボードの貼り付け&パテ埋め」の作業を紹介するのでまたよろしくお願いします^-^ノ

 次回でやっと少し部屋っぽくなっていきます!!

Yugo
Yugo

今回の記事が少しでも役に立ったな〜と思った方💡
是非!YouTubeチャンネル登録もお願いします^-^ノ♪